機檻隠
Web関連技術に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  HTTPとは、文書構造や属性(レイアウト、文字の大きさ)などに加え、
   ハイパーリンクを指定するための文書構造記述言語である。
 ◆HTMLは、Webブラウザ上での表現手段の提供を目的としたマークアップ
   言語XMLが業務アプリケーションで不可欠な情報処理には適さないことを
   解決するために、開発された。
  CGIはクライアント側で動くプラグインアプリケーションの代表的な技術で、
   これによって、帳票の表示や複雑なアプリケーションなどをサーバ側に
   負担をかけることなく実行できる。
 ぁURLとは、インターネット上の資源(オブジェクト)をアクセスするための
   方法とその位置を指定するものである。
 ァWebサーバに実装されるJavaScriptは、Webクライアントからの要求に
   応じて、データベースなど外部プログラムを呼び出し、実行結果を
   クライアントに返すための仕組みである。



答えはこちら