機檻隠
公衆Wi-Fi(無線LAN)サービスのセキュリティ対策に関する次の記述のうち、
最も不適切なものはどれか。

  .▲セスポイントで、UDP(User Datagram Protocol)のブロードキャスト
   パケットを抑止しPCの共有を防ぐことで、効果が期待できる。
 ◆^店羃粛りのSSID(Sevice Set Identifier)では、WPA-PSK (Wi-Fi
   Protected Access Pre-Shared Key)のように利用者共通の暗号鍵を
   使うより、WPA-EAP(Wi-Fi Protected Access Extensible
   Authentication Protocol)のように利用者ごとに異なる暗号鍵を使う方が、
   リスクは少ない。
  暗号化無しのSSIDでは、IPSec(IP Security)のようなVPN (Virtual
   Private Network)技術を使っても効果は期待できない。
 ぁ^店羃縮気靴SSIDと暗号化有りのSSIDが選択できる場合、暗号化有りの
   SSIDを利用した方がリスクは少ないが、利用者の利便性は低下する。
 ァEtherIP(RFC3378で規定)などのトンネリング技術を使い、利用者ごとに
   アクセス範囲を限定することで、効果が期待できる。


答えはこちら