掘檻
次のようなBNFで定義された文法を考える。
 <S> :: = <A><B>
 <A> :: = a | a<A>
 <B> :: = b | b<B> | c | c<B>

ここで、< > で囲まれたものは非終端記号、英小文字1文字は終端記号とし、
開始記号を <S> とする。この文法により生成される文を正規表現で表したものは
どれか。ただし、正規表現において * は直前のものの0回以上の繰り返しを表す。
 | は選択を表すものとする。

  a*b*c
 ◆a*(b | c)*
  aa*(bb* | cc*)
 ぁaa*(bc)(bc)*
 ァaa*(b | c)(b | c)*



答えはこちら