12年前の2008年8月8日(金)。

小学6年生の息子の幻の誕生日である。

8が3つも並び、なんか縁起のいい日。
また、北京オリンピックの開催日でもあった。

予定どおり、8月8日陣痛が起り
2008年8月8日生まれが実現するかに思えた。

医者も「3人目だし、早いかも
ということでかなり期待したが、

夕方、陣痛室に入ってしばらくしたら、
陣痛がおさまり
結局、妻は入院して
私は家に帰されることになった。

なんとも残念な1日となった。

あれから、12年。

私「明日の誕生日のプレゼント何がいい?
息子「5月の子供の日に誕生日のプレゼント買って
 もらったから、ないんと違うん?


そういえば子供の日に

私「子供の日に何か買ってあげようか?
息子「3月に子供の日のプレゼント買って
 もらったから、誕生日プレゼンとでもいい?

ということで、ポケモンのゲームを買ったんだった。。。

この調子だと、
明日の誕生日は
クリスマスのプレゼントの前倒し
なるかも知れない。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ