「みどりヶ丘」という地名なのに
青い字で「みどりヶ丘」と書いてあると
なんか違和感がある。

みどりヶ丘」でいいのに。


一方で
青い山脈とか
青葉とか
信号の青とか
青いミカンとか
青野菜とか

緑色のことをと呼ぶのは
昔からの表現で違和感がないのは
不思議だ。


青々とした緑」なんて表現はその最たる例かも知れない。

青いという形容詞はあっても
緑いという形容詞がないのと
何か関係があるのかもしれない。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ