前回の続き

鍵を掛けずに家を出たものの、
やっぱり気になって
家まで引き返し、

会社に午前有休の連絡をした。

しかし、どうも、嘘もつけないし
本当のことも言いづらい。

鍵をなくして、家を出られないので今日は会社を休みます
なんて、なかなか意味が通じない。

でも、言うしかない。

その後、妻がなくした鍵が家の中にあるかも知れないと
思って、しばらく捜索したが
やっぱりないものはない。

妻のかばんを物色しているようで
なんか、気が引けてきてやめた。

こうなったら、妻に連絡して、
早く家に帰って来てもらうより仕方ない
と思い、電話したが、応答がない。

電話があったことに気づき、
かけなおしてもらうのを待ったが
全然連絡がない。

そうこうしているうちに、午前有休として
午後から出社するにはあと1時間と迫ってきた。

−−どうしようか?
−−家に鍵して、やっぱり窓から出ようか?


いろいろ悩んだ挙句、
意を決した。

つづきを読む




技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ