今日は時差出社。
長男も次男も学校。
娘は出勤。
妻は外出。
家を出たのは私が最後だった。

家の鍵をして出勤しよう、としたその時、

なんと!
カバンの中に家の鍵がないことに気が付いた。

そういえば、1時間ほど前
妻が家を出る時、

妻「あれっ?鍵どこいってんやろ?
 ・・・
 昨日渡した鍵、持ってない?

私「昨日??
 鍵借りたっけ?


という会話の後、
妻に鍵を渡してしまったことに気が付いた。

 −−自分が鍵をして、家を出なければならないことに
 気が付かなかった・・・
 このまま鍵をせずに、会社に行くか・・・


鍵を忘れて家に入れず、窓から家に入ったことは
何度かあるが、

鍵がなくって、家から出られなくなったのは
生まれて初めてである。

 −−鍵をせずに、会社に行くか?
 内から鍵をして、窓から家を出ようか?
 内から鍵をして、裏口から出ようか?
 いっそのこと、会社を休むか?
 
 どうしよう??

 考えている間に、会社に遅刻するしな。。。


悩んだ挙句、


よし、もう、鍵をせずに、会社に行こう!


そう思って、鍵をせず会社にいった。

しかし、

 −−でも、こんな時に限って泥棒に
 入られたりするんだよな。。。

 朝からはそんなに大事な仕事もないし、
 少なくとも午前有休にしようかな?

 でも、会社になんて、説明しようか??
 
 かといって、このまま会社に行って、
 泥棒に入られて後悔するのはいやだし、
 
 よし!
 
今日はとりあえず、
午前有休をとろう!!

そう思って、一旦家を出たものの家まで引き返すことにした。

つづきを読む





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ