今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

 ひー!

チンゲン菜


小学5年生の息子は大の野菜嫌い

の、わりには
わりと野菜の名前を知っている。
しかし、結局、
野菜と野菜の名前は一致しないことが多い。

そのような中、
今日の会話はつながっているようで
全くつながっていない。

息子「この野菜、卯の花?
母「チンゲン菜やで
息子「なんや。。下ネタやんか・・・
私 ( −−変なところで、区切るなよ!  )


卯の花は、おからの煮物のことです。
チンゲン菜はアブラナ科の野菜です。
変なところで区切ると、下ネタになります。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

クリーニング


クリーニングに出したスーツを
日曜日に引き取って、
それを月曜日に着て行ったら

必ず雨が降る件。

クリーニング屋と天気予報士の間には
何か怪しい匂いがする。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

救急


生涯、3度目の救急車で運ばれた。

1回目は25年ほど前。
 原因不明の背中痛 ⇒ 尿路結石。

2回目は10年ほど前。
 原因不明の腹痛 ⇒ 便秘。

3回目は今日。
 おそらく尿路結石 ⇒ 尿路結石。


ところで、救急車の中で体温を測られた。
36.3℃だった。

病院に着いて、体温を測られた。
37.8℃だった。

看護士「37.8℃ですね
私「37.8℃? 熱っぽくないんですけど
別の看護士「車内では36.3℃だったみたいです。
看護士「もう1回測りますね

36.5℃だった。

看護士「なんやったんかな?

時期も時期だけに

 −− 脅かさないでください! 

と思った。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

勧誘2


昨日のつづき

私は、あからさまな悪質勧誘詐欺
電話と判っていたが、仕方なく、電話に出ることにした

相手は会社名を名乗らず、名前だけ名乗った。
そして、
相手「どうとか、こうとか
 ・・・
 ああたら、こうたら
 ・・・
 なんとか、かんとか

と、さっきの女性の話では
別の担当者から電力の使用状況をお聞きします
と説明があったにも関わらず

相手「一度、ご自宅にお邪魔して
 電力の使用状況をお聞かせいただきたい

とか言ってきた。

我が家に来て、色々話して、
何やら無駄なものを高額で購入させようとする
魂胆があからさまに伝わってきたので、

私「家に来ていただかなくてもいいので
 電話で聞いてください

相手「なんたら、かんたら
  ・・・
  自宅にお伺いして、詳しいお話をさせてください。
私「じゃあ、いいです。
相手「は、はい。では、失礼します・・・」

後で調べたら、電力会社の子会社で
そういう設備を売っている会社もあるようで、
今回の電話は、悪質勧誘とか詐欺電話
とも、限らないが、

まあ仮に良心的な会社であったにせよ、
電話で商売するのは、大変難しい時代になってきていると
思った次第です。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

勧誘


うららかな土曜日の昼下がり
午後から雨が降るとは思えない陽気である。
家で、ゆっくりしていたら、1本の電話がかかってきた。

我が家は3か月前に電力会社を変更したが
今回の電話は3か月前まで契約していた
電力会社からだった。

電力会社と名前を名乗った段階で、
すぐに「悪質勧誘」か「詐欺」だと思った。

いくつか電力の使用の状況を聞かれて
後ほど担当者から電気代を下げるための
 詳しいご説明をさせていただきますので
 電話させていただきます。

と言って、その電話は切れた。

完全な悪質勧誘か、あわよくば詐欺の典型である。

−−本当に電話がかかってきたら
 いじめてやろう・・・

そう思って電話を待っていた。

5分ほどして電話がかかってきた。
用心している私は「はい」とだけ言って、電話に出た。

相手は無言だった。

なので、今度は「もしもし」とだけ言った。

それでも相手は無言だった。

−−私の名字を名乗らせる作戦だ!!

そう思って、とっとと電話を切った。


2分ほどしてまたかかってきた。

私はまた、「はい」とだけ言って、電話に出た。

相手は無言だった。

相手に無駄に電話代を無駄に払わせるために、
オンフックにして、受話器を置いた。

10秒ぐらいして
相手「もしもし」と言ってきた。
仕方ないので、私も電話に出ることにした。

続きはこちら





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

エタノール


いつも行くドラッグストアに
エチルアルコールを買いに行ってみたけれど、
案の定、今日も品切れ。

ちょっと時間もあったので、少し離れた
大き目のドラッグストアに行ってみた。

そしたら、、、

陳列棚は見事に空っぽで、品切れではあったものの
この商品の希望の方は店員にお申し付け下さい。
 入荷次第、ご連絡させていただきます。

親切に書いてある。

私は、早速店員に
無水エタノールの予約をしたいんですけど
と、言った。

そしたら
アルバイト店員「無水エタノールってあるんですか?
と近くにいた店員に確認した。
すぐに店員さんが対応してくれたものの
店員「今、この商品はいつ入荷するかわからない状況でして・・・
といったのですぐに陳列棚の前まで戻って
この商品の希望の方は店員にお申し付け下さい。
 入荷次第、ご連絡させていただきます。

と書かれた、メモを差し出した。

店員「今、この商品はいつ入荷するかわからない状況ですので・・・
また、同じようなことを言った。

私「ええ、なので、ここに書いてあるように、入荷したら教えてください。
店員「今は、入荷がいつになるか分からないんです

どうも噛み合わない。

私「入荷した時に連絡いただけるんですよね?
店員「今は、連絡もお断りしてるんです。
私「ここに書いてあるのはですか?
店員「いえ、ではありません。
私「そしたら、入荷した時に連絡いただけますか?
店員「今は、すみません、いつ入るか分かりませんので・・・

もう、意味のないやりとりは、やめることにした。

エタノールを買い占めているのは誰だ??





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

マスク2


約2年ぶりに新幹線に乗った。
サラリーマン風の乗客も多かったが、
大きなスーツケースを転がしている外国人も多かった。
観光旅行だろうか?
そしてほとんど外国人はマスクをしていない。

そもそも
マスクで予防するという、習慣がないのか?
マスクをしたところで、それほど予防効果が
ないという理由からだろうか?

マスクをしたくても手に入らなかったのか?

一方、サラリーマン風の日本人は、
8割ぐらいのひとがマスクをしていた。

私は昨日偶然買えた、マスクをしていた訳であるが
装着前によく見たら、
就寝用」て書いてある。

しかしもっとよく見たら、
新幹線・飛行機で」と書いてある。

要するに、
自身が咳や喉の痛みが気になるときに、
喉が乾燥しないように使用する、
いわゆる濡れマスクであった。

おまけにマスクは10枚入りだと思っていたが、
10時間加湿10だったし、

マスクを買う時に
よく見ていなかった自分がいる訳だが、
なんか、そそっかしいというか、
嘆かわしくなった。






技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

マスク


毎日ドラッグストアに足を運んでいたら、
とうとうマスクを見つけた。

値段も普通の値段である。

でも今日、ネットで調べてみたら
マスクが15000円とか
手ピカジェルが8000円とか
無水エタノールが4000円とか

もう、滅茶苦茶である。

悪質極まりない。
一番アカンやつや!





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

肺炎


私は過去、2回肺炎になったことがある。
レントゲンの検査だけで肺炎と診断された。

2回とも重症ではなかったようで
1回目は「通院でもいいし、
入院してもいいし、どうしますか?

と聞かれたし

2回目も「入院した方が早く治るけど、
自宅療養でもいいですよ

と言われた。

1回目は通院した。
2回目は入院した。

どちらもウイルスの検査なんてしていない。
「いい薬があるんです。」
と、当時の最新の抗生物質で治癒した。

もしかしたら、今回の新型コロナウイルスも
ここまでマスコミが騒がなかったら、
風邪をこじらせて肺炎になったとして
済まされていたかもしれない。

もう、市中感染は防げないだろう。

とにかくニュースは気にせず、
インフルエンザや風邪を引かないように
用心と注意するしかないようである。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

原付バイク


4月から就職する娘に
職場から最寄り駅までかなり距離があるということで
原付を買ってあげることになった。

娘の職場の近くまで車で行って、
原付を買って、そのまま乗って帰ろうと
思っていたが、
登録やら自賠責保険やらの関係で
そのまま乗って帰ることはできなかった。

仕方なく、
車で原付を買いに行って、
買い付けだけして、また車で帰った。

帰り道。
コンビニによって、
自分のコーヒーを買って
娘のコーヒーも買って
レジで精算している時に

フト娘の姿が消えた。
かと思うとすぐに現れ、

娘「これも」とも言わず

すーーーっと、コーヒーの横に
お菓子を置いた。

私「自分で買うんか?
娘「そんな訳ないやん。
 ちょっとあげるから・・・

私「そうか。ありがとう・・・・  ん??

何かおかしくないかい!?
まあ、いいや・・・





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
TagCloud
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。