今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

情報処理技術者

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問72

問72

“かんばん方式”を説明したものはどれか。

ア 各作業の効率を向上させるために、仕様が統一された部品、半製品を調達する。

イ 効率よく部品調達を行うために、関連会社から部品を調達する。

ウ 中間在庫を極力減らすために、生産ラインにおいて、後工程が必要とする部品を自工程で生産できるように、必要な部品だけを前工程から調達する。

エ より品質が高い部品を調達するために、部品の納入指定業者を複数定め、競争入札で部品を調達する。




答えはこちら

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問71

問71

XBRLで主要な取扱いの対象とされている情報はどれか。

ア 医療機関のカルテ情報

イ 企業の顧客情報

ウ 企業の財務情報

エ 自治体の住民情報




答えはこちら

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問70

問70

半導体産業において、ファブレス企業と比較したファウンドリ企業のビジネスモデルの特徴として、適切なものはどれか。

ア 工場での生産をアウトソーシングして、生産設備への投資を抑える。

イ 自社製品の設計、マーケティングに注力し、新市場を開拓する。

ウ 自社製品の販売に注力し、売上げを拡大する。

エ 複数の企業から生産だけを専門に請け負い、多くの製品を低コストで生産する。




答えはこちら

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問69

問69

バイラルマーケティングの説明はどれか。

ア  顧客の好みや欲求の多様化に対応するために、画一的なマーケティングを行うのではなく、顧客一人ひとりの興味関心に合わせてマーケティングを行う手法

イ 市場全体をセグメント化せずに一つとして捉え、一つの製品を全ての購買者に対し、画一的なマーケティングを行う手法

ウ  実店舗での商品販売、ECサイトなどのバーチャル店舗販売など複数のチャネルを連携させ、顧客がチャネルを意識せず購入できる利便性を実現する手法

エ 人から人へ、プラスの評価が口コミで爆発的に広まりやすいインターネットの特長を生かす手法




答えはこちら

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問68

問68

アンゾフの成長マトリクスを説明したものはどれか。

ア 外部環境と内部環境の観点から、強み、弱み、機会、脅威という四つの要因について情報を整理し、企業を取り巻く環境を分析する手法である。

イ 企業のビジョンと戦略を実現するために、財務、顧客、内部ビジネスプロセス、学習と成長という四つの視点から事業活動を検討し、アクションプランまで具体化していくマネジメント手法である。

ウ 事業戦略を、市場浸透、市場拡大、製品開発、多角化という四つのタイプに分類し、事業の方向性を検討する際に用いる手法である。

エ 製品ライフサイクルを、導入期、成長期、成熟期、衰退期という四つの段階に分類し、企業にとって最適な戦略を立案する手法である。




答えはこちら

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問67

問67

PPMにおいて、投資用の資金源として位置付けられる事業はどれか。

ア 市場成長率が高く、相対的市場占有率が高い事業

イ 市場成長率が高く、相対的市場占有率が低い事業

ウ 市場成長率が低く、相対的市場占有率が高い事業

エ 市場成長率が低く、相対的市場占有率が低い事業




答えはこちら

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問66

問66

UMLの図のうち、業務要件定義において、業務フローを記述する際に使用する、処理の分岐や並行処理、処理の同期などを表現できる図はどれか。

ア アクティビティ図

イ クラス図

ウ 状態遷移図

エ ユースケース図




答えはこちら

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問65

問65

非機能要件の使用性に該当するものはどれか。

ア 4時間以内のトレーニングを受けることで、新しい画面を操作できるようになること

イ 業務量がピークの日であっても、8時間以内で夜間バッチ処理を完了できること

ウ 現行のシステムから新システムに72時間以内で移行できること

エ 地震などの大規模災害時であっても、144時間以内にシステムを復旧できること




答えはこちら

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問64

問64

IT投資効果の評価方法において、キャッシュフローベースで初年度の投資によるキャッシュアウトを何年後に回収できるかという指標はどれか。

ア IRR (Internal Rate of Return)

イ NPV (Ne Present Value)

ウ PBP (Pay Back Period)

エ ROI (Return On Investment)




答えはこちら

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問63

問63

BPOの説明はどれか。

ア 災害や事故で被害を受けても、重要事業を中断させない、又は可能な限り中断期間を短くする仕組みを構築すること

イ 社内業務のうちコアビジネスでない事業に関わる業務の一部又は全部を、外部の専門的な企業に委託すること

ウ 製品の基準生産計画、部品表及び在庫情報を基に、資材の所要量と必要な時期を求め、これを基準に資材の手配、納入の管理を支援する生産管理手法のこと

エ プロジェクトを、戦略との適合性や費用対効果、リスクといった観点から評価を行い、情報化投資のバランスを管理し、最適化を図ること




答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments