今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

 H28春応用情報技術者

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問80

問80
ソフトウェアやデータに瑕疵がある場合に、製造物責任法の対象と
なるものはどれか。

 ア ROM化したソフトウェアを内蔵した組込み機器
 イ アプリケーションのソフトウェアパッケージ
 ウ 利用者がPCにインストールしたOS
 エ 利用者によってネットワークからダウンロードされたデータ



答えはこちら

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問79

問79
個人情報保護法で保護される個人情報の条件はどれか。

 ア 企業が管理している顧客に関する情報に限られる。
 イ 個人が秘密にしているプライバシに関する情報に限られる。
 ウ 生存している個人に関する情報に限られる。
 エ 日本国籍を有する個人に関する情報に限られる。




答えはこちら

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問78

問78
A社では、社員のソーシャルメディア利用に関し、業務利用だけでなく、
私的利用における注意事項も取りまとめ、ソーシャルメディアガイドラインを
策定した。私的利用も対象とするガイドラインが必要とされる理由として、
最も適切なものはどれか。


 ア ソーシャルメディアアカウントの取得や解約の手続をスムーズに
   進めるため
 イ ソーシャルメディア上の行為は社員だけでなく A社にも影響を
   与えるため
 ウ ソーシヤルメディアの操作方法を習得するマニュアルとして
   利用するため
 エ ソーシャルメディアの利用料金が A社に大きな負担となることを
   防ぐため



答えはこちら

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問77

問77
損益計算資料から求められる損益分岐点売上高は,何百万円か。

          単位 百万円
  ┌─────────────┐
  │売上高      500 │
  │材料費(変動費) 200 │
  │外注費(変動費) 100 │
  │製造固定費    100 │
  │         ─── │
  │純利益      100 │
  │販売固定費     80 │
  │利益       ─── │
  │          20 │
  └─────────────┘

 ア 225   イ 300  ウ 450  エ 480



答えはこちら

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問76

問76
内閣府によって取りまとめられた“仕事と生活の調和 (ワーク・ライフ・バランス) 憲章”
及び“仕事と生活の調和推進のための行動指針”では、目指すべき社会の姿ごとに、
その実現に向けた指標を設けている。 次の表の c に当てはまるものはどれか。

 目指すべき社会の姿ごとの実現に向けた指標の例
┌─────────┬────────────────────┐
│目指すべき社会の姿│     実現に向けた指標の例     │
├─────────┼────────────────────┤
│         │・就職率                │
│    a    │・時間当たり労働生産性の伸び率     │
│         │・フリータの数             │
├─────────┼────────────────────┤
│         │・労働時間等の課題について労使が話合いの│
│    b    │ 機会を設けていると回答した企業の割合 │
│         │・過労働時間60時間以上の雇用者の割合 │
│         │・メンタルヘルスケアに取り組んでいる  │
│         │ 事務所の割合             │
├─────────┼────────────────────┤
│         │・在宅型テレワーカの数         │
│    c    │・短時間勤務を選択できる事務所の割合  │
│         │・男性の育児休業取得率         │
└─────────┴────────────────────┘


 ア 健康で豊かな生活のための時間が確保できる社会
 イ 個々の社員のキャリア形成を企業が支援可能な社会
 ウ 就労による経済的自立が可能な社会
 エ 多様な働き方・生き方が選択できる社会



答えはこちら

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問75

問75
リーダに求められる機能として、PM理論がある。P機能(Performance
function)が大きく、M機能(Maintenance function)が小さいリーダの
タイプはどれか。

 ア 業務遂行能力が不足し、メンバの気持ちにも疎いので、目標達成が
   できない。
 イ メンバの気持ちは大事にしているが、一向に目標達成に導けない。
 ウ メンバの参加を促し、目標達成に導くので、決定事項に対するメンバの
   納得度が高い。
 エ 目標達成を急ぐ余り、一部のメンバの意見を中心にまとめてしまうので、
   他のメンバから抵抗を受けることが多い。



答えはこちら

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問74

問74
SRI(Socially Responsible Investment)を説明したものはどれか。

 ア 企業が社会的責任を果たすために、環境保護への投資を行う。
 イ 財務評価だけでなく、社会的責任への取組みも評価して、
   企業への投資を行う。
 ウ 先端技術開発への貢献度が高いベンチャ企業に対して、投資を
   行う。
 エ 地域経済の活性化のために、大型の公共事業への投資を積極的に
   行う。



答えはこちら

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問73

問73
SEOの説明はどれか。

 ア ECサイトにおいて、個々の顧客の購入履歴を分析し、新たに購入が
   見込まれる商品を自動的に推奨する機能
 イ Webページに掲載した広告が契機となって商品が購入された場合、
   売主から成功報酬が得られる仕組み
 ウ 検索エンジンの検索結果一覧において自社サイトがより上位にランク
   されるようにWebページの記述内容を見直すなど様々な試みを行うこと
 エ 検索エンジンを運営する企業と契約し、自社の商品・サービスと関連
   したキーワードが検索に用いられた際に広告を表示する仕組み



答えはこちら

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問72

問72
EDIを説明したものはどれか。

 ア OSI基本参照モデルに基づく電子メールサービスの国際規格であり、
   メッセージの生成、転送、処理に関する総合的なサービスである。
 イ ネットワーク内で伝送されるデータを蓄積したり、データのフォーマットを
   変換したりするサービスなど、付加価値を加えた通信サービスである。
 ウ ネットワークを介して、商取引のためのデータをコンピュータ(端末を含む)
   間で標準的な規約に基づいて交換することである。
 エ 発注情報をデータエントリ端末から入力することによって、本部又は
   仕入先に送信し、発注を行うシステムである。



答えはこちら

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問71

問71
製品開発のスピードアップ手法を次のa〜dに分類した場合、bに相当するものはどれか。
ここで、ア〜エは,a〜dのいずれかに該当する。

    ┌─────────┬─────────┐
   組│         │         │
   織│         │         │
 経 内│    a    │    b    │
 営 か│         │         │
 資 ら│         │         │
 源  │         │         │
 の  ├─────────┼─────────┤
 確 組│         │         │
 保 織│         │         │
   外│    c    │    d    │
   か│         │         │
   ら│         │         │
    │         │         │
    └─────────┴─────────┘
     技術的アプローチ  組織的アプローチ
            実現方法

 ア CAD、CAM、CAEなど既に一部利用しているツールの積極的な活用
 イ 消費者ニーズを調査し、製品開発につなげるための市場調査会社の活用
 ウ 設計部門と生産部門の作業を並列に進めるコンカレントエンジニアリング
 エ 大学との共同研究開発や、同業他社からの技術導入



答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
TagCloud
Recent Comments
Recent TrackBacks