今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

 H29一次試験

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻械

掘檻械
レスポンシブWebデザインに関する次の記述のうち、最も
適切なものはどれか。

  Webブラウザに実装されたJavaScript の非同期
   通信を使って、Webページをリフレッシュしないで
   画面を更新するWebアプリケーションのデザインである。
 ◆Webページの見た目のデザインやレイアウトを定義
   するスタイルシートのデザインである。
  Webページに含まれる要素やデータを操作する
   アプリケーションインターフェースである。
 ぁWebページで掲示板やお問合せフォームなどを利用
   するときに、サーバ上のプログラムを起動させる仕組み
   である。
 ァWebページを表示する機器や画面サイズ、閲覧ソフト
   などに関係なくシングルソースで、最適なレイアウトに
   変化させるデザイン手法である。



答えはこちら

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻械

掘檻械
TCP/IPに関する次の記述のうち、最も適切なものは
どれか。

  ARPにより解決されたアドレス情報はキャッシュ
   されるが、一定時間が経過すると廃棄される。
 ◆TCPはコネクションレス型プロトコルで、1対1
   双方向の信頼できる仮想的な伝送路を提供する。
  UDPはコネクション型プロトコルで、1対多通信で
   あるマルチキャストやブロードキャストなどの利用が
   期待できる。
 ぁ.優奪肇錙璽層は、OSI参照モデルにおいてプレゼン
   テーション層とトランスポート層との間に位置する。
 ァ.檗璽犯峭罎蓮TCPがアプリケーションプログラムを
   区別する識別子であってUDPでは使われない。



答えはこちら

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻械

掘檻械
IPネットワークのルーティングプロトコルの1つである
OSPFに関する次の記述のうち、最も不適切なものは
どれか。

  ヽ謄襦璽燭ネットワーク構成を把握していることにより、
   ネットワーク構成が変化した際に、素早くルーティング
   テーブルを再構築することができる。
 ◆ヽ謄襦璽燭リンクステートの情報に基づいて作成する
   ネットワーク構成表を、リンクステートデータベースと
   呼ぶ。
  ネットワークをエリアと呼ぶ論理的な単位に細分化して
   運用管理できる仕組みが備わっている。
 ぁ〔榲地までのホップ数 (経由するルータの数) を距離と
   考え、目的のネットワークまで最もホップ数の少ない
   経路でパケットが配送される。
 ァ.螢鵐ステートには、各ルータがどのリンクにどのように
   接続しているかという情報が書いてある。



答えはこちら

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻械

掘檻械
情報通信における認証方式の1つであるS/KEYに
関する記述のうち、最も適切なものはどれか。

  。稗丱僖吋奪肇侫ルタリング機能を拡張し、認証へッダ、
   パケット暗号化、鍵管理システムを実装してデータを
   カプセル化する。
 ◆。唯庁気覆匹離瓮奪察璽献瀬ぅ献Д好筏格を使用し、
   種と呼ばれる文字列とユーザが秘密に保持するパス
   フレーズからワンタイムパスワードを生成する。
  PKI (Public Key Infrastructure) の仕組みを利用して
   通信相手の公開建の正当性を認証しながら、セッション
   鍵方式で暗号化通信を行う。
 ぁ.魯奪轡經愎瑤魄店翳式として用いたチャレンジ/
   レスポンス方式を使用して、パスワードを暗号化して
   エンティティ認証を行う。
 ァ.罅璽僑稗弔肇僖好錙璽匹料箸鬚修里泙淙源列で転送し、
   アクセスサーバや認証サーバでユーザ認証する。



答えはこちら

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻械

掘檻械
電話機1台あたりの発着呼の発生頻度が20分に10回、
平均回線使用時間が90秒のときに、呼損率を0.022以下
にしたい。次の呼損率表 (表中の数値は呼量であり、単位は
アーラン) が与えられた場合に最低必要回線数として、最も
適切なものはどれか。

┌─────┬──────┬──────┬──────┐
│必要回線数│呼損率 0.01│呼損率 0.02│呼損率 0.03│
├─────┼──────┼──────┼──────┤
│  1  │  0.010  │  0.020  │  0.031  │
├─────┼──────┼──────┼──────┤
│  2  │  0.153  │  0.223  │  0.282  │
├─────┼──────┼──────┼──────┤
│  3  │  0.455  │  0.602  │  0.715  │
├─────┼──────┼──────┼──────┤
│  4  │  0.869  │  1.09  │  1.26  │
├─────┼──────┼──────┼──────┤
│  5  │  1.36  │  1.66  │  1.88  │
└─────┴──────┴──────┴──────┘


  。渦鸚  ◆。臆鸚   3回線
 ぁ。寛鸚  ァ。飢鸚



答えはこちら

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻械

掘檻械
セキュリティに関する次の記述のうち、最も適切なものは
どれか。

  ARP Poisoningとは、通信ホストのARPテーブル
   を書き換えて、他者の通信を取得する攻撃である。
 ◆Diffie-Hellman鍵共有 (鍵交換) アルゴリズムは
   公開鍵暗号方式の一種であり、中間者攻撃を行う
   方法は一般に知られていない。
  SAMLを用いたシングルサインオンでは、シングル
   サインオンに参加するそれぞれのサービスプロバイダが
   ユーザのIDとパスワードを保持し、ユーザを認証する
   ことができる。
 ぁTLSでは公開鍵暗号方式で送信データを暗号化
   することで盗聴を防ぐ。
 ァ.泪ぅ淵鵐弌璽ードに格納されている電子証明書は、
   政府認証基盤 (GPKI) によって発行されている。



答えはこちら

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻横

掘檻横
公開鍵暗号方式に関する次の記述の、    に入る
語句の組合せとして、最も適切なものはどれか。

 ネット通販を利用する顧客Aは、通販会社B以外に
読まれたくない文書を ア で暗号化して送り、自分が
作成したということを示すために イ で署名してBに送った。
Bは ウ で文書を復号した。

                      
  。舛慮開鍵  Aの秘密鍵  Bの秘密鍵
 ◆。舛慮開鍵  Bの公開鍵  Aの公開鍵
  Bの公開鍵  Aの公開鍵  Bの秘密鍵
 ぁ。造慮開鍵  Aの公開鍵  Bの公開鍵
 ァ。造慮開鍵  Aの秘密鍵  Bの秘密鍵



答えはこちら

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻横

掘檻横
フェールセーフに関する次の記述のうち、最も適切なものは
どれか。

  .轡好謄爐故障したとき、あらかじめ定められた1つの
   安全な状態をとるような設計上の性質である。
 ◆.轡好謄爐縫侫ールトが存在しても、機能又は性能を
   縮退しながらシステムが要求機能を遂行し続ける設計
   上の性質である。
  システムに放置しておけば故障に至るようなフォールト
   や誤りが存在しても、要求機能の遂行を可能にする
   システムの属性である。
 ぁ\渋ぁ∪澤廚覆匹砲いて、システム及び構成要素に
   フォールトが発生しないようにする方法又は技術である。
 ァ.轡好謄爐鯀犧遒垢訃紊派堙切な行為又は過失などが
   起こっても、システムの信頼性及び安全性を保持する 
   性質である。



答えはこちら

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻横

掘檻横
EA (エンタープライズアーキテクチャ) に関する次の記述
のうち、最も適切なものはどれか。

  ヾ覿箸競争優位性の構築を目的にIT戦略の策定・
   実行をコントロールし、あるべき方向へ導く組織能力
   のことである。
 ◆ゞ般海筌轡好謄爐魏善する仕組みで、組織全体として
   業務プロセスや情報システムの構造、利用技術などを
   整理体系化したものである。
  ビジネス目標を達成するためにITをいかに活用する
   かの指針を明文化した、情報化を進めるための原理
   原則である。
 ぁ.廛蹈献Дトに必要な作業を、具体的な作業スケ
   ジュールと進歩が把握可能な単位まで詳細化し、
   階層構造で表す手法である。
 ァ.廛蹈献Дトの進捗や作業のパフォーマンスを、出来高
   の価値によって定量化し、プロジェクトの現在及び
   今後の状況を評価する手法である。



答えはこちら

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻横

掘檻横
JIS Q 27001:2014 (ISO/IEC 27001:2013) (情報技術−
セキュリティ技術−情報セキュリティマネジメントシステム−
要求事項) 対応の情報セキュリティマネジメントシステム
(ISMS) 認証基準に関する次の記述のうち、最も不適切な
ものはどれか。

  ヾ袷汗とは、認可されたエンティティが要求したときに、
   情報のアクセス及び使用が可能である特性である。
 ◆ゝ〔性とは、認可されていない個人、エンティティ又は
   プロセスに対して、情報を使用させず、また、開示しない
   特性である。
  信頼性とは、意図する行動と結果とが一貫していると
   いう特性である。
 ぁ“歿防止とは、主張された事象又は処置の発生、及び
   それを引き起こしたエンティティを証明する能力である。
 ァ.螢好の受容とは、リスクを受容する意思決定であり、
   そこには受容可能なリスクを組織として保有するという
   組織の意思がある。



答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。