今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

 H29二次試験

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻横

機檻横
仮想化技術が商用データセンタのネットワークに与える影響又はその対策に
関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  |碓譴離譽ぅ筍殴優奪肇錙璽に収容される仮想サーバの数が増加し、
   レイヤ2スイッチのMACアドレステーブルサイズが不足する可能性がある。
 ◆|碓譴離譽ぅ筍殴優奪肇錙璽に収容される仮想NICの数が増加し、
   レイヤ2スイッチのMACアドレステーブルサイズが不足する可能性がある。
  テナント (データセンタの契約者) 数やサーバ台数が増加し、タグVLAN
   (IEEE802.1Q) のIDが不足する可能性がある。
 ぁ‖腟模なレイヤ2ネットワークにおいて、用途別に異なるVLANにサーバを
   収容し、フラッディングの範囲を限定することが可能である。
 ァ‖腟模なレイヤ2ネットワークにおいて、STP (Spanning Tree Protocol) を
   適用し、複数の経路を同時に利用することが可能である。




答えはこちら

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻隠

機檻隠
次のうち、サブギガ帯 (920MHz帯など) を使用し、300ビット/秒〜
50Kビット/秒での利用が可能な、IoT向け特定小電力無線の
通信技術として最も適切なものはどれか。

  BLE (Bluetooth Low Energy)
 ◆LoRa
  NB-IoT
 ぁSIGFOX
 ァWiMAX




答えはこちら

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻隠

機檻隠
SOC (Security Operation Center) に関する次の記述のうち、最も不適切な
ものはどれか。

  SOCは、企業などにおいて情報システムへの脅威の監視や分析などを
   行う、役割や専門組織を意味する。
 ◆SOCとCSIRT (Computer Security Incident Response Team) の
   違いは、CSIRTの方が脅威となるインシデントの検知に重点を置いている
   点である。
  SOCは、発生したインシデントの影響範囲を調べたり、あらかじめ想定
   されたリスクや指標に基づいて、インシデントを評価したりすることもある。
 ぁSOCは、情報セキュリティの脅威を分析する高い専門性が要求されるため、
   外部に委託される場合がある。
 ァSOCが定常的に監視する範囲には、セキュリティ機器以外にもネットワーク
   機器や端末のログなどが含まれる。




答えはこちら

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻隠

機檻隠
次のうち、アメリカ国立標準技術研究所 (NIST) が定義するクラウドコンピュー
ティングの説明として最も適切なものはどれか。

  コミュニティクラウドは、4つのサービスモデルの1つである。
 ◆IaaS (Infrastructure as a Service) モデルでは、ユーザはオペレーティング
  システムの管理や操作に意識を払う必要がない。
  MaaS (Module as a Service) はクラウドを使って分散処理を提供する
   サービスモデルである。
 ぁPaaS (Platform as a Service) は、パブリッククラウド向けのアプリケーション
   を開発するための環境をプライベートクラウド上で提供するサービスモデルである。
 ァSaaS (Software as a Service) では、クラウドのインフラストラクチャ上で稼働
   しているプロバイダのアプリケーションが利用者に提供される。



答えはこちら

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻隠

機檻隠
NAT (IP Network Address Translator) に関する次の記述のうち、
最も適切なものはどれか。

  NAPT (Network Address Port Translator) と呼ばれるNATは、
   行きと戻りのIPパケットの送信元ポート番号も置き換える。
 ◆ヾ覿箸グローバルアドレス節約のためにNAPTを導入する場合、
   NAPTは1つのプライベートアドレスを複数のグローバルアドレスに
   紐付ける。
  IPv6のユニークローカルアドレスは、グローバルインターネット内で
   ルーティング可能なので、NATを必要としない。
 ぁ.灰優ションレス型の通信の場合でも、一般的に、NATは内部に
   マッピングテーブルを持つ。
 ァSTUN (Session Traversal Utilities for NAT) は, NATセキュリティ
   強度を高めるための通信プロトコルである。




答えはこちら

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻隠

機檻隠
次のUMLで作成されたクラス図は、デザインパターンのコンポジットパターンを
応用した会社の管理構成を示している。
ここで社員は抽象クラスとする。次のうち、これをもとにして作成したオブジェクト図
(インスタンス図) として最も適切なものはどれか。

image292115




答えはこちら

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻隠

機檻隠
世界標準のシステムズエンジニアリング・ライフサイクル・プロセス
(ISO/IEC/IEEE 15288) と、それに準拠したシステム・アーキテクチャ
記述標準 (ISO/IEC/IEEE 42010) に従うと、発注者等から入手した
情報をもとに、システム設計者はコンテキスト分析を行う。
これにより、コンサーン (concern) が明らかになり、その後検討する
システム・アーキテクチャに重要な影響を及ぼす。
次のうち、この理由として最も適切なものはどれか。

  〔世蕕になったコンサーンにより、システム・アーキテクチャを
   表現するview群と、その際の構造や表現変換方法などの
   viewpoint群が特定されるから。
 ◆ヽ発コストと運用コストの比率が特定できるから。
  コンテキスト図 (Context Diagram) の精度を左右するから。
 ぁ.轡好謄犖‐ (Verification) と妥当性確認 (Validation) の
   項目上で必ず表現されるから。
 ァ.罅璽好院璽洪泙鮑鄒する際の、アクターのロールに展開されるから。



答えはこちら

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻隠

機檻隠
チューリングマシンのシミュレータにおいて、オートマトンとテープが与えられている。
これを実行して停止状態になったときのテープの値として、最も適切なものは
どれか。ここで、文字 b は空白を、状態 h は停止を意味し、最初のへッド位置と
内部状態は図に示すとおりとする。

[オートマトン]

┌─────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│ 現在の │ 現在の │ テープに │  次の  │  移動  │
│ 内部状態 │テープの値│ 書込む値 │ 内部状態 │  方向  │
├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│  0  │  b  │  1  │  1  │  R  │
├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│  0  │  0  │  1  │  1  │  R  │
├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│  0  │  1  │  0  │  0  │  L  │
├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│  1  │  b  │  b  │  h  │  L  │
├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│  1  │  0  │  0  │  1  │  R  │
├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│  1  │  1  │  1  │  1  │  R  │
└─────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

[テープ]

 ┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
 │b│b│b│1│1│1│1│b│b│
 └─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
              △
             ┌─┐
             │0│
             └─┘
             ヘッド

  。 b b 0 0 0 0 b b
 ◆。 b b 1 1 1 0 b b
  b b b 0 1 1 1 b b
 ぁ。 b 1 0 0 0 0 b b
 ァ。 b 1 1 1 1 0 b b



答えはこちら

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻隠

機檻隠
次のデータモデルで、左のモデル中の表「科−講−教」を右のように、
表「科−教」と表「科−講」に情報無損失分解した。次のうち、分解前の
「科−講−教」に認識された関数の制約として最も適切なものはどれか。
ここで、「科−講−教」はBCNF (Boyce-Codd normal form) である。
また、モデル表記にはUMLを用いる。

image292112


  。街犂慙◆ ´◆ヾ愎従属   結合従属  
 ぁ〇仮叛約  ァ‖臣予沼



答えはこちら

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻隠

機檻隠
ある情報システムのテスト工程の実績を測定したところ、障害発生率は
0.1件/時間、障害対応の効率は0.25件/時間である。
この工程における情報システムの稼働率に近い値はどれか。

  0.268  ◆0.429   0.714  ぁ0.800  ァ0.833


答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
TagCloud
Recent Comments
Recent TrackBacks