今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

 H29春基本情報技術者

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問69

問69

アンゾフが提唱した成長マトリクスにおいて、既存市場に対して既存製品で事業拡大する場合の戦略はどれか。

ア 市場開発

イ 市場浸透

ウ 製品開発

エ 多角化




答えはこちら

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問68

問68

競争上のポジションで、ニッチャの基本戦略はどれか。

ア シェア追撃などのリーダ攻撃に必要な差別化戦略

イ 市場チャンスに素早く対応する模倣戦略

ウ 製品、市場の専門特化を図る特定化戦略

エ 全市場をカバーし、最大シェアを確保する全方位戦略




答えはこちら

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問67

問67

コアコンピタンスの説明はどれか。

ア 企業の活動分野において、競合他社にはまねのできない卓越した能力

イ 経営を行う上で法令や各種規制、社会的規範などを遵守する企業活動

ウ 市場・技術・商品 (サービス) の観点から設定した、事業の展開領域

エ 組織活動の目的を達成するために行う、業務とシステムの全体最適化手法




答えはこちら

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問66

問66

企画、要件定義、システム開発、ソフトウェア実装、ハードウェア実装、保守から成る一連のシステム開発プロセスにおいて、要件定義プロセスで実施すべきものはどれか。

ア 事業の目的、目標を達成するために必要なシステム化の方針、及びシステムを実現するための実施計画を立案する。

イ システムに関わり合いをもつ利害関係者の種類を識別し、利害関係者のニーズ、要望及び課せられる制約条件を識別する。

ウ 目的とするシステムを得るために、システムの機能及び能力を定義し、システム方式設計によってハードウェア、ソフトウェアなどによる実現方式を確立する。

エ 利害関係者の要件を満足するソフトウェア製品又はソフトウェアサービスを得るための、方式設計と適格性の確認を実施する。




答えはこちら

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問65

問65

非機能要件の定義で行う作業はどれか。

ア 業務を構成する機能間の情報 (データ) の流れを明確にする。

イ システム開発で用いるプログラム言語に合わせた開発基準、標準の技術要件を作成する。

ウ システム機能として実現する範囲を定義する。

エ 他システムとの情報授受などのインタフェースを明確にする。




答えはこちら

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問64

問64

BYOD (Bring Your Own Device) の説明はどれか。

ア 会社から貸与された情報機器を常に携行して業務に当たること

イ 会社所有のノートPCなどの情報機器を社外で私的に利用すること

ウ 個人所有の情報機器を私的に使用するために利用環境を設定すること

エ 従業員が個人で所有する情報機器を業務のために使用すること




答えはこちら

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問63

問63

ホスティングサービスの特徴はどれか。

ア 運用管理面では、サーバの稼働監視、インシデント対応などを全て利用者が担う。

イ サービス事業者が用意したサーバの利用権を利用者に貸し出す。

ウ サービス事業者の高性能なサーバを利用者が専有するような使い方には対応しない。

エ サービス事業者の施設に利用者が独自のサーバを持ち込み、サーバの選定や組合せは自由に行う。




答えはこちら

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問62

問62

ITサービスをアウトソーシングする際の、システム保守品質・運用品質の低下リスクへの対応策はどれか。

ア アウトソーシング後の自社の人材強化計画の提案を、委託先の選定段階で求め、契約書などにも明文化しておく。

イ サービス費用の妥当性を検証できるように、サービス別の詳細な料金体系を契約書などで明文化しておく。

ウ サービス品質を示す指標を用い、目標とする品質のレベルを委託先と取り決めた上で、サービス品質の改善活動を進めていく。

エ システム保守・運用実務などのサービス費用について、査定能力をもつ人材を自社側に確保しておく。




答えはこちら

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問61

問61

リスクや投資価値の類似性で分けたカテゴリごとの情報化投資について、最適な資源配分を行う際に用いる手法はどれか。

ア 3C分析

イ ITポートフォリオ

ウ エンタープライズアーキテクチャ

エ ベンチマーキング




答えはこちら

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問60

問60

システム監査の実施体制に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア 監査依頼者が監査報告に基づく改善指示を行えるように、システム監査人は監査結果を監査依頼者に報告する。

イ 業務監査の一部として情報システムの監査を行う場合には、利用部門のメンバによる監査チームを編成して行う。

ウ システム監査人が他の専門家の支援を受ける場合には、支援の範囲・方法、及び監査結果の判断は、他の専門家の責任において行う。

エ 情報システム部門における開発状況の監査を行う場合には、開発内容を熟知した情報システム部門のメンバによる監査チームを編成して行う。




答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。