今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

コアコンピタンス

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問67

問67

企業経営で用いられるコアコンピタンスを説明したものはどれか。

ア 企業全体の経営資源の配分を有効かつ統合的に管理し、経営の効率向上を図ることである。

イ 競争優位の源泉となる、他社よりも優越した自社独自のスキルや技術などの強みである。

ウ 業務プロセスを根本的に考え直し、抜本的にデザインし直すことによって、企業のコスト、品質、サービス、スピードなどを劇的に改善することである。

エ 最強の競合相手又は先進企業と比較して、製品、サービス、オペレーションなどを定性的・定量的に把握することである。




答えはこちら

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問67

問67

コアコンピタンスに該当するものはどれか。

ア 主な事業ドメインの高い成長率

イ 競合他社よりも効率性が高い生産システム

ウ 参入を予定している事業分野の競合状況

エ 収益性が高い事業分野での市場シェア




答えはこちら

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問70

問70
ナレッジマネジメントを説明したものはどれか。

 ア 企業内に散在している知識を共有化し、全体
   の問題解決力を高める経営を行う。
 イ 迅速な意志決定のために、組織の階層をでき
   るだけ少なくしたフラット型の組織構造に
   よって経営を行う。
 ウ 優れた業績を上げている企業との比較分析
   から、自社の経営革新を行う。
 エ 他社にはまねのできない、企業独自のノウハウ
   や技術などの強みを核とした経営を行う。



答えはこちら

平成28年度秋期 応用情報技術者試験問題 問67

問67
ベンチマーキングを説明したものはどれか。
 ア 企業内に散在している知識を共有化し、全体の問題解決力を高める
   経営を行う。
 イ 迅速な意思決定のために、組織の階層をできるだけ少なくしたフラット型の
   組織構造によって経営を行う。
 ウ 優れた業績を上げている企業などとの比較分析を行い、結果を自社の
   経営改革に活用する。
 エ 他社にはまねのできない、企業独自のノウハウや技術などの強みを
   核とした経営を行う。



答えはこちら

平成28年度春期 基本情報技術者試験問題 問75

問75
企業経営の透明性を確保するために、企業は誰のために経営を行っているか、
トップマネジメントの構造はどうなっているか、組織内部に自浄能力をもっているか
などの視点で、企業活動を監督・監視する仕組みはどれか。

 ア コアコンピタンス
 イ コーポレートアンデンティティ
 ウ コーポレートガバナンス
 エ ステークホルダアナリシス



答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
TagCloud
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。