今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

トランザクション

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問29

問29
ロックの粒度に関する説明のうち、適切なものはどれか。

 ア データを更新するときに、粒度を大きくすると、他のトランザクション
   の待ちが多くなり、全体のスループットが低下する。
 イ 同一のデータを更新するトランザクション数が多いときに、粒度を
   大きくすると、同時実行できるトランザクション数が増える。
 ウ 表の全データを参照するときに、粒度を大きくすると、他のトランザ
   クションのデータ参照を妨げないようにできる。
 エ 粒度を大きくすると、含まれるデータ数が多くなるので、一つのトラン
   ザクションでかけるロックの個数が多くなる。



答えはこちら

平成30年度秋期 応用情報技術者試験問題 問61

問61
IT投資ポートフォリオにおいて、情報化投資の対象を、戦略、情報、トラン
ザクション、インフラの四つのカテゴリに分類した場合、トランザクションカテゴリに
対する投資の直接の目的はどれか。

 ア 管理品質向上のために、マネジメント、レポーティング、分析などを支援する。
 イ 市場における競争優位やポジショニングを獲得する。
 ウ 複数のアプリケーションによって共有される基盤部分を提供する。
 エ ルーチン化された業務のコスト削減や処理効率向上を図る。



答えはこちら

平成30年度秋期 応用情報技術者試験問題 問13

問13
商品検索と発注入力を行うWebシステムについて、時間帯別の
トランザクション数を表1に、TPS (Transaction Per Second) に
よる必要なCPU数を表2に示す。このWebシステムに必要かつ
十分なCPU数は幾つか。ここで、OSのオーバヘッドなどの処理に
ついては無視でき、トランザクションはそれぞれの時間帯の中で
均等に発生するものとする。

     表1 時間帯別トランザクション数 単位 件
      ┌──────┬──────┬──────┐
      │ 9:00〜10:00│11:00〜12:00│13:00〜14:00│
┌─────┼──────┼──────┼──────┤
│商品検索 │10,800│43,200│21,600│
├─────┼──────┼──────┼──────┤
│発注入力 │ 7,200│21,600│14,400│
└─────┴──────┴──────┴──────┘

        表2 TPSによる必要なCPU数
       ┌─────┬─────┬─────┬─────┐
       │10TPS 未満│10TPS 以上│20TPS 以上│30TPS 以上│
       │     │20TPS 未満│30TPS 未満│40TPS 未満│
┌──────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│必要なCPU数 │   1 │   2 │   3 │   4 │
└──────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

 ア 1  イ 2  ウ 3  エ 4



答えはこちら

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問29

問29
トランザクションA〜Gの待ちグラフにおいて、
永久待ちの状態になっているトランザクション全てを
列挙したものはどれか。ここで、待ちグラフのX→Yは、
トランザクションXはトランザクションYがロック
している資源のアンロックを待っていることを表す。

  〔トランザクションA〜Gの待ちグラフ〕

 image29AkiOuyou29


 ア A、B、C、D
 イ B、C、D
 ウ B、C、D、F
 エ C、D、E、F、G



答えはこちら

平成28年度秋期 応用情報技術者試験問題 問30

問30
DBMSをシステム障害発生後に再立上げするとき、ロールフォワードすべき
トランザクションとロールバックすべきトランザクションの組合せとして、
適切なものはどれか。ここで、トランザクションの中で実行される処理内容は
次のとおりとする。


 ┌────────┬────────────────────┐
 │トランザクション│データベースに対するRead回数とWrite回数 │
 ├────────┼────────────────────┤
 │  T1,T2  │     Read 10, Write 20       │
 ├────────┼────────────────────┤
 │  T3,T4  │     Read 100           │
 ├────────┼────────────────────┤
 │  T5,T6  │     Read 20, Write 10       │
 └────────┴────────────────────┘
image28AkiOuyou30


   ┌────────┬────────┐
   │ロールフォワード│ロールバック  │
 ┌─┼────────┼────────┤
 │ア│T2、T5   │T6      │
 ├─┼────────┼────────┤
 │イ│T2、T5   │T3、T6   │
 ├─┼────────┼────────┤
 │ウ│T1、T2、T5│T6      │
 ├─┼────────┼────────┤
 │エ│T1、T2、T5│T3、T6   │
 └─┴────────┴────────┘




答えはこちら

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問28

問28
トランザクションA (処理A1→処理A2の順に実行する) とトランザクションB
(処理B1→処理B2の順に実行する)が、データベースの資源SとTに対し、
次のように処理A1→処理B1→処理A2→処理B2 の順で専有ロックを
要求する場合、デッドロックが発生する資源の組合せはどれか。
 なお、ロックは処理開始時にかけ、トランザクション終了時に解除する。

           ┌───┐ ┌───┐ ┌───┐
 トランザクションA │処理A1│→│処理A2│→│COMMIT│
           └───┘ └───┘ └───┘
             ┌───┐ ┌───┐ ┌───┐
 トランザクションB   │処理B1│→│処理B2│→│COMMIT│
             └───┘ └───┘ └───┘
         ───────────────────> 時刻

   ┌─┬─┬─┬─┐
   │A1│B1│A2│B2│
 ┌─┼─┼─┼─┼─┤
 │ア│S│S│T│T│
 ├─┼─┼─┼─┼─┤
 │イ│S│T│T│S│
 ├─┼─┼─┼─┼─┤
 │ウ│T│S│T│S│
 ├─┼─┼─┼─┼─┤
 │エ│T│T│S│S│
 └─┴─┴─┴─┴─┘



答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
TagCloud
Recent Comments
Recent TrackBacks