今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

ハッシュ関数

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問7

問7

自然数をキーとするデータを、ハッシュ表を用いて管理する。キー x のハッシュ関数 h(x)を
 h(x) = x mod n
とすると、任意のキー a と b が衝突する条件はどれか。ここで、n はハッシュ表の大きさであり、x mod n は x を n で割った余りを表す。

ア a + b が n の倍数

イ a − b が n の倍数

ウ n が a + b の倍数

エ n が a − b の倍数




答えはこちら

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問40

問40

ファイルの提供者は、ファイルの作成者が作成したファイルAを受け取り、ファイルAと、ファイルAにSHA-256を適用して算出した値Bとを利用者に送信する。そのとき、利用者が情報セキュリティ上実現できることはどれか。ここで、利用者が受信した値Bはファイルの提供者から事前に電話で直接伝えられた値と同じであり、改ざんされていないことが確認できているものとする。

ア 値BにSHA-256を適用して値Bからディジタル署名を算出し、そのディジタル署名を検証することによって、ファイルAの作成者を確認できる。

イ 値BにSHA-256を適用して値Bからディジタル署名を算出し、そのディジタル署名を検証することによって、ファイルAの提供者がファイルAの作成者であるかどうかを確認できる。

ウ ファイルAにSHA-256を適用して値を算出し、その値と値Bを比較することによって、ファイルAの内容が改ざんされていないかどうかを検証できる。

エ ファイルAの内容が改ざんされていても、ファイルAにSHA-256を適用して値を算出し、その値と値Bの差分を確認することによって、ファイルAの内容のうち改ざんされている部分を修復できる。

BR>


答えはこちら

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問10

問10

10進法で5桁の数a1a2a3a4a5を、ハッシュ法を用いて配列に格納したい。ハッシュ関数を mod(a1+a2+a3+a4+a5, 13) とし、求めたハッシュ値に対応する位置の配列要素に格納する場合、54321 は配列のどの位置に入るか。ここで、mod(x, 13) は、xを13で割った余りとする。

 位置     配列
   ┌─────────┐
  0 │         │
   ├─────────┤
  1 │         │
   ├─────────┤
  2 │         │
   ├─────────┤
  ︙ │    ︙    │
   ├─────────┤
  11 │         │
   ├─────────┤
  12 │         │
   └─────────┘

ア 1  イ 2  ウ 7  エ 11




答えはこちら

平成30年度秋期 応用情報技術者試験問題 問27

問27
自然数を除数とした剰余を返すハッシュ関数がある。値がそれぞれ571、
1168、1566である三つのレコードのキー値を入力値としてこのハッシュ
関数を施したところ、全てのハッシュ値が衝突した。この時使用した除数は
幾つか。

 ア 193  イ 197  ウ 199  エ 211



答えはこちら

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻

掘檻
デジタル署名を行う場合、署名対象データをハッシュ
関数によってメッセージダイジェストにし、そのメッセージ
ダイジェストに対して署名処理が行われる。この際に
ハッシュ関数を用いる目的として、最も適切なものは
どれか。

  ‘韻現靆沼仂櫂如璽燭任皸曚覆觸靆消佑砲垢襪燭瓠
 ◆―靆晶萢を高速化するため。
  署名対象データの機密性を保つため。
 ぁ.妊献織觸靆召竜饗い鯔匹阿燭瓠
 ァ‘団蠅凌佑砲里濬靆掌‐擇鬚気擦襪燭瓠



答えはこちら

平成28年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻隠

機檻隠
暗号技術に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  SHA-1等のハッシュ関数は、入力したメッセージを圧縮しダイジェストを
   出力する機能を持ち、出力されたダイジェストは必要に応じ、元のメッセージに
   復元できる。
 ◆‥纏匸斂製颪聾開鍵方式の秘密鍵が本人の物 (本物) であることを
   証明するものである。
  公開鍵暗号系では、秘密鍵で暗号化されたデータは、対応する公開鍵で
   しか復号できないが、公開鍵で暗号化されたデータは、対応する秘密鍵と
   公開鍵自身の両方で復号できる。
 ぁ〜り手はハッシュ関数を使用してメッセージのダイジェストを作成し、
   公開鍵方式の秘密鍵を使ってそのダイジェストを暗号化し、メッセージに
   添付して受け手に送信することで電子署名を行うことができ、受け手は
   メッセージが改変されてないことを確認できる。
 ァRSAなどの非対称方式の鍵では、2種類の鍵がペアとなっているが、
   一般にどちらの鍵も公開して使用されるので、公開鍵方式と称される。



答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
TagCloud
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。