今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

フォルトトレランス

令和3年度秋期 応用情報技術者試験問題 問71

問71

IoT活用におけるディジタルツインの説明はどれか。

ア インターネットを介して遠隔地に設置した3Dプリンタへ設計データを送り、短時間に複製物を製作すること

イ システムを正副の二重に用意し、災害や故障時にシステムの稼働の継続を保証すること

ウ 自宅の家電機器とインターネットでつながり、稼働監視や操作を遠隔で行うことができるウェアラブルデバイスのこと

エ ディジタル空間に現実世界と同等な世界を、様々なセンサで収集したデータを用いて構築し、現実世界では実施できないようなシミュレーションを行うこと




答えはこちら

令和元年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻横

掘檻横

フェールセーフに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 .轡好謄爐縫侫ールトが存在しても、機能又は性能を縮退しながらシステムが要求機能を遂行し続ける設計上の性質である。

◆.轡好謄爐鯀犧遒垢訃紊派堙切な行為又は過失などが起こっても、システムの信頼性及び安全性を保持する性質である。

 システムが故障したとき、安全な状態を保つことができるような設計上の性質である。

ぁ(置しておけば故障に至るようなフォールトや誤りがシステムに存在しても、要求機能の遂行を可能にするシステムの属性である。

ァ\渋ぁ∪澤廚覆匹砲いて、システム及び構成要素にフォールトが発生しないようにする方法又は技術である。




答えはこちら

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問71

問71

IoT活用におけるディジタルツインの説明はどれか。

ア インターネットを介して遠隔地に設置した3Dプリンタへ設計データを送り、短時間に複製物を製作すること

イ システムを正副の二重に用意し、災害や故障時にシステムの稼働の継続を保証すること

ウ 自宅の家電機器とインターネットでつながり、稼働監視や操作を遠隔で行うことができるウェアラブルデバイスのこと

エ ディジタル空間に現実世界と同等な世界を、様々なセンサで収集したデータを用いて構築し、現実世界では実施できないようなシミュレーションを行うこと




答えはこちら

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問47

問47

フェールセーフの考えに基づいて設計したものはどれか。

ア 乾電池のプラスとマイナスを逆にすると、乾電池が装填できないようにする。

イ 交通管制システムが故障したときには、信号機に赤色が点灯するようにする。

ウ ネットワークカードのコントローラを二重化しておき、片方のコントローラが故障しても運用できるようにする。

エ ハードディスクにRAID1を採用して、MTBFで示される信頼性が向上するようにする。




答えはこちら

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問46

問46
安全性や信頼性を確保するための設計のうち、フールプルーフに該当するものは
どれか。

 ア 装置が故障したときは、システムが安全に停止するようにして、被害を
   最小限に抑える。
 イ 装置が故障したときは、利用できる機能を制限したり、処理能力を
  低下させたりしでも、システムは稼働させる。
 ウ 装置が故障しても、システム全体の機能に影響がないように、二重化などの
   冗長な構成とする。
 エ 利用者が誤った操作をしても、システムに異常が起こらないようにする。



答えはこちら

平成27年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻

機檻
次のうち、CPUの実効的処理速度を改善する方法として最も適切なものはどれか。

  .侫ルトトレランス
 ◆.ブジェクト指向
  命令プリフェッチ
 ぁ。劭腺稗
 ァ‐態マシン

答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments