今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

フォールトアボイダンス

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問13

問13

システムの信頼性設計に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア フェールセーフとは、ユーザの誤操作によってシステムが異常終了してしまうことのないように、単純なミスを発生させないようにする設計方法である。

イ フェールソフトとは、故障が発生した場合でも機能を縮退させることなく稼動を継続する概念である。

ウ フォールトアボイダンスとは、システム構成要素の個々の品質を高めて故障が発生しないようにする概念である。

エ フォールトトレラントとは、故障が生じてもシステムに重大な影響が出ないように、あらかじめ定められた安全状態にシステムを固定し、全体として安全が維持されるような設計手法である。




答えはこちら

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問16

問16

システムの信頼性向上技術に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア 故障が発生したときに、あらかじめ指定されている安全な状態にシステムを保つことを、フェールソフトという。

イ 故障が発生したときに、あらかじめ指定されている縮小した範囲のサービスを提供することを、フォールトマスキングという。

ウ 故障が発生したときに、その影響が誤りとなって外部に出ないように訂正することを、フェールセーフという。

エ 故障が発生したときに対処するのではなく、品質管理などを通じてシステム構成要素の信頼性を高めることを、フォールトアボイダンスという。




答えはこちら

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻横

掘檻横
フェールセーフに関する次の記述のうち、最も適切なものは
どれか。

  .轡好謄爐故障したとき、あらかじめ定められた1つの
   安全な状態をとるような設計上の性質である。
 ◆.轡好謄爐縫侫ールトが存在しても、機能又は性能を
   縮退しながらシステムが要求機能を遂行し続ける設計
   上の性質である。
  システムに放置しておけば故障に至るようなフォールト
   や誤りが存在しても、要求機能の遂行を可能にする
   システムの属性である。
 ぁ\渋ぁ∪澤廚覆匹砲いて、システム及び構成要素に
   フォールトが発生しないようにする方法又は技術である。
 ァ.轡好謄爐鯀犧遒垢訃紊派堙切な行為又は過失などが
   起こっても、システムの信頼性及び安全性を保持する 
   性質である。



答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments