今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

マルウェア

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問17

問17

デバイスドライバの説明として、適切なものはどれか。

ア PCに接続された周辺機器を制御するソフトウェア

イ アプリケーションプログラムをPCに導入するソフトウェア

ウ キーボードなどの操作手順を登録して、その操作を自動化するソフトウェア

エ 他のPCに入り込んで不利益をもたらすソフトウェア




答えはこちら

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問43

問43
セキュアブートの説明はどれか。

 ア BIOSにパスワードを設定し、PC起動時に BIOSのパスワード入力を
   要求することによって、OSの不正な起動を防ぐ技術
 イ HDDにパスワードを設定し、PC起動時にHDDのパスワード入力を要求
   することによって、OSの不正な起動を防ぐ技術
 ウ PCの起動時に OSやドライバのディジタル署名を検証し、許可されて
   いないものを実行しないようにすることによって、OS起動前のマルウェアの
   実行を防ぐ技術
 エ マルウェア対策ソフトをスタートアッププログラムに登録し、OS起動時に
   自動的にマルウェアスキャンを行うことによって、マルウェアの被害を防ぐ技術



答えはこちら

平成30年度春期 応用情報技術者試験問題 問39

問39
ポリモーフィック型マルウェアの説明として、
適切なものはどれか。

 ア インターネットを介して、攻撃者がPCを
   遠隔操作する。
 イ 感染ごとにマルウェアのコードを異なる鍵で
   暗号化することによって、同一のパターン
   では検知されないようにする。
 ウ 複数のOS上で利用できるプログラム言語で
   マルウェアを作成することによって、複数の
   OS上でマルウェアが動作する。
 エ ルートキットを利用して、マルウェアに感染
   していないように見せかけることによって、
   マルウェアを隠蔽する。



答えはこちら

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問40

問40
ドライブバイダウンロード攻撃の説明はどれか。

 ア PCにUSBメモリが接続されたとき、USBメモリに
   保存されているプログラムを自動的に実行する
   機能を用いてマルウェアを実行し、PCを
   マルウェアに感染させる。
 イ PCに格納されているファイルを勝手に暗号化して、
   復号することと引換えに金銭を要求する。
 ウ 不正にアクセスする目的で、建物の外部に漏れた
   無線LANの電波を傍受して、セキュリティの
   設定が脆弱な無線LANのアクセスポイントを
   見つけ出す。
 エ 利用者がWebサイトを閲覧したとき、利用者に
   気付かれないように、利用者のPCに不正
   プログラムを転送させる。



答えはこちら

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問45

問45
PCへの侵入に成功したマルウェアがインターネット上の指令サーバと通信を
行う場合に、宛先ポートとしてTCPポート番号80が多く使用される理由は
どれか。

 ア DNSのゾーン転送に使用されることから、通信がファイアウォールで許可
   されている可能性が高い。
 イ WebサイトのHTTPS通信での閲覧に使用されることから、侵入検知システムで
   検知される可能性が低い。
 ウ Webサイトの閲覧に使用されることから、通信がファイアウォールで許可
   されている可能性が高い。
 エ ドメイン名の名前解決に使用されるので、侵入検知システムで検知される
   可能性が低い。


答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
TagCloud
Recent Comments
Recent TrackBacks