今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

特性要因図

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問54

問54

プロジェクトで発生した課題の傾向を分析するために、ステークホルダ、コスト、スケジュール、品質などの管理項目別の課題件数を棒グラフとして件数が多い順に並べ、この順で累積した課題件数を折れ線グラフとして重ね合わせた図を作成した。この図はどれか。

ア 管理図

イ 散布図

ウ 特性要因図

エ パレート図




答えはこちら

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問73

問73

生産現場における機械学習の活用事例として、適切なものはどれか。

ア 工場における不良品の発生原因をツリー状に分解して整理し、アナリストが統計的にその原因や解決策を探る。

イ 工場の生産設備を高速通信で接続し、ホストコンピュータがリアルタイムで制御できるようにする。

ウ 工場の生産ロボットに対して作業方法をプログラミングするのではなく、ロボット自らが学んで作業の効率を高める。

エ 累積生産量が倍増するたびに工場従業員の生産性が向上し、一定の比率で単位コストが減少する。




答えはこちら

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問74

問74

発生した故障について、発生要因ごとの件数の記録を基に、故障発生件数で上位を占める主な要因を明確に表現するのに適している図法はどれか。

ア 特性要因図

イ パレート図

ウ マトリックス図

エ 連関図




答えはこちら

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問76

問76
プログラムのステップ数が多くなるほどステップ当たりの
エラー数も多くなる傾向があるように見受けられたので、
データを採って調べた。これを分析するのに最も適した
図はどれか。

 ア 系統図     イ 散布図
 ウ 特性要因図  エ パレート図



答えはこちら

平成28年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻隠

機檻隠
ソフトウェア品質管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  ”兵船灰好箸砲蓮⇒弋瓩悗良堙合の予防、適合の評価、不適合の場合の
   手直しのコストが含まれる。
 ◆‘胆要因図は、問題の原因の掘り下げに使われるダイアグラムである。
  パレート図は、問題の影響の大半を引き起こす少数の根源を特定する
   ために利用される。
 ぁ.戰鵐船沺璽ングにおいてベンチマークするプロジェクトは母体組織の外から
   選ばなければならない。
 ァ“駘冓惘彿析を使用して品質活動にかけるコストとそれにより期待される
   便益を比較することもある。

答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments