今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

BNF

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問7

問7

次のBNFで定義される<変数名>に合致するものはどれか。
<数字>::=0|1|2|3|4|5|6|7|8|9
<英字>::=A|B|C|D|E|F
<英数字>::=<英字>|<数字>|_
<変数名>::=<英字>|<変数名><英数字>

ア _B39  イ 246  ウ 3E5  エ F5_1




答えはこちら

令和元年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻

掘檻

次のバッカス・ナウア記法 (BNF) で定義された文法を考える。
 <S> :: = <A><B>
 <A> :: = a | a<A>
 <B> :: = b | b<B> | c | c<B>

ここで、< > で囲まれたものは非終端記号、英小文字1文字は終端記号とし、開始記号を <S> とする。次のうち、この文法によって生成される文を正規表現で表したものとして最も適切なものはどれか。ただし、正規表現において * は直前のものの0回以上の繰り返しを、 | は選択を表すものとする。

 aa*(bb*|cc*)

◆aa*(bc)(bc)*

 aa*(b|c)(b|c)*

ぁa*b*c

ァa*(b|c)*




答えはこちら

平成30年度秋期 応用情報技術者試験問題 問4

問4
次に示す記述は、BNFで表現されたあるプログラム言語の
構文の一部である。
<パラメタ指定>として、適切なものはどれか。

<パラメタ指定>::=<パラメタ>|(<パラメタ指定>,<パラメタ>)
<パラメタ>::=<英字>|<パラメタ><英字>
<英字>::=a|b|c|d|e|f|g|h|i

 ア ((abc,def),ghi)
 イ ((abc,def))
 ウ (abc,(def))
 エ (abc)



答えはこちら

平成30年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻

掘檻
次の曖昧さを持つ文法によって<式>を定義する。
 <式> ::= <式> <演算> <式> | <変数> | <定数>
 <演算>::= “+” | “−”
 <変数>::= “x” | “y” | “z”
 <定数>::= “1” | “2” | “3” | “4” | “5”

ここでは文法の生成規則を、 BNF (Backus Naur Form) で示している。
非終端記号は<>でくくり、終端記号は “ ”でくくって表す。次の式を
上の文法にあてはめたときに生成可能な構文木 (導出木) は何通りあるか。

 x − 3 + y − 5

  。粥 ´◆。機 ´ 6  ぁ。掘 ´ァ。



答えはこちら

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問2

問2
次のBNFにおいて非終端記号 <A> から生成される文字列は
どれか。

 <R0> ::= 0 | 3 | 6 | 9
 <R1> ::= 1 | 4 | 7
 <R2> ::= 2 | 5 | 8
 <A> ::= <R0> | <A><R0> | <B><R2> | <C><R1>
 <B> ::= <R1> | <A><R1> | <B><R0> | <C><R2>
 <C> ::= <R2> | <A><R2> | <B><R1> | <C><R0>

  ア 123  イ 124  ウ 127  エ 128



答えはこちら

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問4

問4
あるプログラム言語において、識別子 (identifier) は、先頭が英字で
始まり、それ以降に任意個の英数字が続く文字列である。
これをBNFで定義したとき、a に入るものはどれか。

  <digit>::=0|1|2|3|4|5|6|7|8|9
  <letter>::=A|B|C|…|X|Y|Z|a|b|c|…|x|y|z
  <identifier>::=   a  

 ア <letter>|<digit>|<identifier><letter>|<identifier><digit>
 イ <letter>|<digit>|<letter><identifier>|<identifier><digit>
 ウ <letter>|<identifier><digit>
 エ <letter>|<identifier><digit>|<identifier><letter>



答えはこちら

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻

掘檻
次のようなBNFで定義された文法を考える。
 <S> :: = <A><B>
 <A> :: = a | a<A>
 <B> :: = b | b<B> | c | c<B>

ここで、< > で囲まれたものは非終端記号、英小文字1文字は終端記号とし、
開始記号を <S> とする。この文法により生成される文を正規表現で表したものは
どれか。ただし、正規表現において * は直前のものの0回以上の繰り返しを表す。
 | は選択を表すものとする。

  a*b*c
 ◆a*(b | c)*
  aa*(bb* | cc*)
 ぁaa*(bc)(bc)*
 ァaa*(b | c)(b | c)*



答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
TagCloud
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。