今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

BPR

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問65

問65

BI (Business Intelligence) を説明したものはどれか。

ア 企業内外のデータを蓄積し、分類・加工・分析して活用することによって、企業の意思決定の迅速化を支援する手法

イ 企業内の慣行などにとらわれず、業務プロセスを抜本的に再構築することによって、コスト・品質・サービスなどを改善する手法

ウ 企業内の業務の流れを可視化し、業務改善サイクルを適用することによって、継続的な業務改善を図る手法

エ 企業内の異なるシステムを互いに連結し、データやプロセスの統合を図ることによって、システムを全体として効率よく活用する手法




答えはこちら

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問62

問62

SOAを説明したものはどれか。

ア 企業改革において既存の組織やビジネスルールを抜本的に見直し、業務フロー、管理機構、情報システムを再構築する手法のこと

イ 企業の経営資源を有効に活用して経営の効率を向上させるために、基幹業務を部門ごとではなく統合的に管理するための業務システムのこと

ウ 発注者とITアウトソーシングサービス提供者との間で、サービスの品質について合意した文書のこと

エ ビジネスプロセスの構成要素とそれを支援するIT基盤を、ソフトウェア部品であるサービスとして提供するシステムアーキテクチャのこと




答えはこちら

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問67

問67

企業経営で用いられるコアコンピタンスを説明したものはどれか。

ア 企業全体の経営資源の配分を有効かつ統合的に管理し、経営の効率向上を図ることである。

イ 競争優位の源泉となる、他社よりも優越した自社独自のスキルや技術などの強みである。

ウ 業務プロセスを根本的に考え直し、抜本的にデザインし直すことによって、企業のコスト、品質、サービス、スピードなどを劇的に改善することである。

エ 最強の競合相手又は先進企業と比較して、製品、サービス、オペレーションなどを定性的・定量的に把握することである。




答えはこちら

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問62

問62
SOAの説明はどれか。

 ア 売上・利益の増加や、顧客満足度の向上のため
   に、営業活動にITを活用して営業の効率と品質を
   高める概念のこと
 イ 経営資源をコアビジネスに集中させるために、社内
   業務のうちコアビジネス以外の業務を外部に
   委託すること
 ウ コスト、品質、サービス、スピードを革新的に改善
   させるために、ビジネスプロセスをデザインし直す
   概念のこと
 エ ソフトウェアの機能をサービスという部品とみなし、
   そのサービスを組み合わせることによってシステムを
   構築する概念のこと



答えはこちら

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問63

問63
SOAを説明したものはどれか。

 ア 企業改革において既存の組織やビジネスルールを抜本的に見直し、業務フロー、
   管理機構、情報システムを再構築する手法のこと
 イ 企業の経営資源を有効に活用して経営の効率を向上させるために、
   基幹業務を部門ごとではなく統合的に管理するための業務システムのこと
 ウ 発注者とITアウトソーシングサービス提供者との間で、サービスの品質について
   合意した文書のこと
 エ ビジネスプロセスの構成要素とそれを支援するIT基盤を、ソフトウェア部品である
   サービスとして提供するシステムアーキテクチャのこと



答えはこちら

平成28年度春期 基本情報技術者試験問題 問68

問68
企業経営で用いられるベンチマーキングを説明したものはどれか。

 ア  企業全体の経営資源の配分を有効かつ総合的に計画して管理し、経営の
   効率向上を図ることである。
 イ 競合相手又は先進企業と比較して、自社の製品、サービス、オペレーションなどを
   定性的・定量的に把握することである。
 ウ 顧客視点から業務のプロセスを再設計し、情報技術を十分に活用して、企業の
   体質や構造を抜本的に変革することである。
 エ  利益をもたらすことのできる、他社より優越した自社独自のスキルや技術に
   経営資源を集中することである。



答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

TagCloud
Recent Comments