今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

EVM

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問52

問52

ある組織では、プロジェクトのスケジュールとコストの管理にアーンドバリューマネジメントを用いている。期間10日間のプロジェクトの、5日目の終了時点の状況は表のとおりである。この時点でのコスト効率が今後も続くとしたとき、完成時総コスト見積り (EAC) は何万円か。

 ┌──────────┬─────┐
 │   管理項目   │金額(万円)│
 ├──────────┼─────┤
 │完成時総予算(BAC)  │ 100 │
 ├──────────┼─────┤
 │プランドバリュー(PV)│  50 │
 ├──────────┼─────┤
 │アーンドバリュー(EV)│  40 │
 ├──────────┼─────┤
 │実コスト(AC)    │  60 │
 └──────────┴─────┘
 

ア 110  イ 120  ウ 135  エ 150




答えはこちら

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問52

問52

ある組織では、プロジェクトのスケジュールとコストの管理にアーンドバリューマネジメントを用いている。期間10日間のプロジェクトの、5日目の終了時点の状況は表のとおりである。この時点でのコスト効率が今後も続くとしたとき、完成時総コスト見積り (EAC) は何万円か。

 ┌──────────┬─────┐
 │   管理項目   │金額(万円)│
 ├──────────┼─────┤
 │完成時総予算(BAC)  │ 100 │
 ├──────────┼─────┤
 │プランドバリュー(PV)│  50 │
 ├──────────┼─────┤
 │アーンドバリュー(EV)│  40 │
 ├──────────┼─────┤
 │実コスト(AC)    │  60 │
 └──────────┴─────┘
 

ア 110  イ 120  ウ 135  エ 150




答えはこちら

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問51

問51
ソフトウェア開発プロジェクトにおいてWBS (Work Breakdown Structure) を
使用する目的として、適切なものはどれか。

 ア 開発の期間と費用がトレードオフの関係にある場合に、総費用の最適化を図る。
 イ 作業の順序関係を明確にして、重点管理すべきクリティカルパスを把握する。
 ウ 作業の日程を横棒 (バー) で表して、作業の開始時点や終了時点、現時点の
   進捗を明確にする。
 エ 作業を階層的に詳細化して、管理可能な大きさに細分化する。



答えはこちら

平成30年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻横

掘檻横
期間15日のプロジェクトで7日目の終了時にアーンドバリュー分析したところ、
下表のようになった。現在のコスト効率が今後も続く場合、完成時総コスト
見積り (EAC) として、最も適切なものはどれか。なお、金額の単位は万円
である。

 ┌──────────┬─────┐
 │   管理項目   │金額(万円)│
 ├──────────┼─────┤
 │完成時総予算(BAC)  │  150│
 ├──────────┼─────┤
 │プランドバリュー(PV)│   70│
 ├──────────┼─────┤
 │アーンドバリュー(EV)│   60│
 ├──────────┼─────┤
 │実コスト(AC)    │   90│
 └──────────┴─────┘

  。隠牽亜 ´◆。横娃亜 ´ 215  ぁ。横横機 ´ァ。横苅



答えはこちら

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻横

掘檻横
EA (エンタープライズアーキテクチャ) に関する次の記述
のうち、最も適切なものはどれか。

  ヾ覿箸競争優位性の構築を目的にIT戦略の策定・
   実行をコントロールし、あるべき方向へ導く組織能力
   のことである。
 ◆ゞ般海筌轡好謄爐魏善する仕組みで、組織全体として
   業務プロセスや情報システムの構造、利用技術などを
   整理体系化したものである。
  ビジネス目標を達成するためにITをいかに活用する
   かの指針を明文化した、情報化を進めるための原理
   原則である。
 ぁ.廛蹈献Дトに必要な作業を、具体的な作業スケ
   ジュールと進歩が把握可能な単位まで詳細化し、
   階層構造で表す手法である。
 ァ.廛蹈献Дトの進捗や作業のパフォーマンスを、出来高
   の価値によって定量化し、プロジェクトの現在及び
   今後の状況を評価する手法である。



答えはこちら

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻横

掘檻横
アーンド・バリュー・マネジメントによって管理されている
進行中のプロジェクトが、予算が約10%超過し、
スケジュールが約10%遅延している状態だとする。残り
期間もこれまでと同程度の作業効率で推移すると予測
できるとき次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  ヾ粟時差異 (VAC) は正の値である。
 ◆ヾ粟時総コスト見積り (EAC) は完成時総予算 (BAC)
   よりも大きい。
  コスト効率指数 (CPI) は1.0より大きい。
 ぁ.灰好蛤弘 (CV) は正の値である。
 ァ.好吋献紂璽觚率指数 (SPI) は1.0である。



答えはこちら

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問51

問51
期間10日のプロジェクトを、5日目の終了時にアーンドバリュー分析
したところ、表のとおりであった。現在のコスト効率が今後も続く場合、
完成時総コスト見積り (EAC) は何万円か。


 ┌──────────┬─────┐
 │   管理項目   │金額(万円)│
 ├──────────┼─────┤
 │完成時総予算(BAC)  │ 100 │
 ├──────────┼─────┤
 │プランドバリュー(PV)│  50 │
 ├──────────┼─────┤
 │アーンドバリュー(EV)│  40 │
 ├──────────┼─────┤
 │実コスト(AC)    │  60 │
 └──────────┴─────┘

 ア 110  イ 120  ウ 135  エ 150



答えはこちら

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻横

掘檻横
EVM (Earned Value Management) で進捗管理を行ったプロジェクトがある。
当初は計画を上回るペースで開発が進んだが、途中問題が発生したため遅延状態と
なった。そこでリカバリーを目的として計画より増員したため、費用が超過した。この
プロジェクトを説明するEVM実績推移グラフとして、次のうち最も適切なものはどれか。
 image281326


 CPI:Cost Performance Index
 SPI:Schedule Performance Index
 AC:Actual Cost
 EV:Earned Value
 PV:Planned Value
 BAC:Budget At Completion
 EAC:Estimate At Completion



答えはこちら

平成27年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻横

掘檻横
開発作業をプログラマ2名に依頼し、EVM(Earned Value Management)で
進捗を管理した。予定作業日数は1人当たり20日で、2人とも同一期間に
実施するように依頼した。 作業単価は40,000円/人日である。
計画の完成時総予算は160万円であった。
15日経過した時点で、EV(Earned Value) が120万円、AC(Actual Cost)が
150万円、完成時のコスト予測は190万円となっている。
この開発作業について、次の記述のうち最も適切なものはどれか。

  〃弉萃未蠅任△襦
 ◆〆邏汎睛徳澗里砲弔い董難易度の見込み違いがあった。
  納期が遅れる。
 ぁ〔簑蠅一時的に発生していたが、今は解決している。
 ァ〔簑蠅老兮海靴独生しており、増員を計画する必要があると考えている。

答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
TagCloud
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。