今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

HTTP

令和元年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻械

掘檻械

TCP/IP参照モデルにおけるトランスポート層のプロトコルとして、最も適切なものはどれか。

 ARP (Address Resolution Protocol)

◆HTTP (Hypertext Transfer Protocol)

 ICMP (Internet Control Message Protocol)

ぁRIP (Routing Information Protocol)

ァUDP (User Datagram Protocol)




答えはこちら

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問34

問34

PCとWebサーバがHTTPで通信している。PCからWebサーバ宛てのパケットでは、送信元ポート番号はPC側で割り当てた50001、宛先ポート番号は80であった。WebサーバからPCへの戻りのパケットでのポート番号の組合せはどれか。
   ┌─────────────────────┬─────┐
   │  送信元(Webサーバ)のポート番号   │宛先(PC)の│
   │                     │ポート番号│
 ┌─┼─────────────────────┼─────┤
 │ア│80                    │50001   │
 ├─┼─────────────────────┼─────┤
 │イ│50001                   │80    │
 ├─┼─────────────────────┼─────┤
 │ウ│80と50001以外からサーバ側で割り当てた番号 │80    │
 ├─┼─────────────────────┼─────┤
 │エ│80と50001以外からサーバ側で割り当てた番号 │50001   │
 └─┴─────────────────────┴─────┘




答えはこちら

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問33

問33

トランスポート層のプロトコルであり、信頼性よりもリアルタイム性が重視される場合に用いられるものはどれか。 

ア HTTP  イ IP  ウ TCP  エ UDP




答えはこちら

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問44

問44
攻撃にHTTP over TLS (HTTPS) が使われた場合に起こり得ることは
どれか。

 ア HTTPSを使ったSQLインジェクション攻撃を受けると、Web
   アプリケーションでデータベースへの不正な入力をチェック
   できないので、悪意のあるSQLが実行されてしまう。
 イ HTTPSを使ったクロスサイトスクリプティング攻撃を受けると、
   Webブラウザでプログラムやスクリプトを実行しない設定に
   しても実行を禁止できなくなるので、悪意のあるWebサイトから
   ダウンロードされたプログラムやスクリプトが実行されてしまう。
 ウ HTTPSを使ったブルートフォース攻撃を受けるとログイン試行の
   チェックができないので、Webアプリケーションでアカウント
   ロックなどの対策が実行できなくなってしまう。
 エ 攻撃者が社内ネットワークに仕掛けたマルウェアによってHTTPS
   が使われると、通信内容がチェックできないので、秘密情報が
   社外に送信されてしまう。



答えはこちら

平成28年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻隠

機檻隠
インターネット技術に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  Internet Protocol (RFC 791) の通信は、データグラム型の通信である。
 ◆User Datagram Protocol (RFC 768) の通信では32ビットの整数を
   ポート番号として用いる。
  Hypertext Transfer Protocol (RFC 2616) は、インターネット上の
   ハイパーメディアを転送する際に用いられる。
 ぁDomain Name System (RFC 1034、RFC 1035) は、
   ドメイン名とIPアドレスの相互変換のために用いられる。
 ァTransport Layer Security (RFC 5246) では、認証のために
   公開鍵暗号を用いる。


答えはこちら

平成28年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻隠

機檻隠
Web関連技術に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  HTMLは、Webブラウザ上での表現手段の提供を目的としたマークアップ
   言語で文書の論理構造や表示の仕方などを記述できる。
 ◆URLとは、文書構造や属性 (レイアウト、文字の大きさ) などに加え、
   ハイパーリンクを指定するための文書構造記述言語である。
  HTTPとは、インターネット上の資源 (オブジェクト) をアクセスするための
   方法とその位置を指定するものである。
 ぁWebサーバには、Webクライアントからの要求に応じて、データベースなど
   外部プログラムを呼び出し、実行結果をクライアントに返すための仕組みを
   実装する。JavaScriptは、このために最も一般的に利用されているプログ
   ラミング言語である。
 ァCGIは、クライアント側で動くプラグインアプリケーションの代表的な技術で、
   これによって、帳票の表示や複雑なアニメーションなどをサーバ側に負荷を
   かけることなく実行できる。


答えはこちら

平成27年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻隠

機檻隠
Web関連技術に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  HTTPとは、文書構造や属性(レイアウト、文字の大きさ)などに加え、
   ハイパーリンクを指定するための文書構造記述言語である。
 ◆HTMLは、Webブラウザ上での表現手段の提供を目的としたマークアップ
   言語XMLが業務アプリケーションで不可欠な情報処理には適さないことを
   解決するために、開発された。
  CGIはクライアント側で動くプラグインアプリケーションの代表的な技術で、
   これによって、帳票の表示や複雑なアプリケーションなどをサーバ側に
   負担をかけることなく実行できる。
 ぁURLとは、インターネット上の資源(オブジェクト)をアクセスするための
   方法とその位置を指定するものである。
 ァWebサーバに実装されるJavaScriptは、Webクライアントからの要求に
   応じて、データベースなど外部プログラムを呼び出し、実行結果を
   クライアントに返すための仕組みである。



答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。