今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

ITサービスマネジメント

平成30年度秋期 応用情報技術者試験問題 問56

問56
ITサービスマネジメントにおけるサービスレベル管理プロセスの
活動はどれか。

 ア ITサービスの提供に必要な予算に対して、適切な資金を
   確保する。
 イ 現在の資源の調整と最適化、及び将来の資源要件に関する
   予測を記載した計画を作成する。
 ウ 災害や障害などで事業が中断しても、要求されたサービス
   機能を合意された期間内に確実に復旧できるように、事業
   影響度の評価や復旧優先順位を明確にする。
 エ 提供するITサービス及びサービス目標を特定し、サービス
   提供者が顧客との間で合意文書を交わす。



答えはこちら

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問55

問55
ITサービスマネジメントにおける問題管理で実施
する活動のうち、事前予防的な活動はどれか。

 ア インシデントの発生傾向を分析して、将来の
   インシデントを予防する方策を提案する。
 イ 検出して記録した問題を分類して、対応の優先
   順位を設定する。
 ウ 重大な問題に対する解決策の有効性を評価する。
 エ 問題解決後の一定期間、インシデントの再発の
   有無を監視する。



答えはこちら

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問57

問57
ITサービスマネジメントにおける問題管理プロセスの活動はどれか。

 ア 根本原因の特定
 イ サービス要求の優先度付け
 ウ 変更要求の記録
 エ リリースの試験



答えはこちら

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問57

問57
ITサービスマネジメントのプロセスの一つである構成管理を導入することによって
得られるメリットはどれか。

 ア ITリソースに対する、現在の需要の把握と将来の需要の予測ができる。
 イ 緊急事態においても最低限のITサービス基盤を提供することによって、
   事業の継続が可能になる。
 ウ 構成品目の情報を正確に把握することによって、他のプロセスの確実な
   実施を支援できる。
 エ 適正な費用で常に一定した品質でのITサービスが提供されるようになる。



答えはこちら

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問56

問56
ITサービスマネジメントにおけるサービスレベル管理の説明はどれか。

 ア あらかじめ定めた間隔で、サービス目標に照らしてサービスの傾向及び
   パフォーマンスを監視する。
 イ 計画が発動された場合の可用性の目標、平常業務の状態に復帰する
   ための取組みなどを含めた計画を作成し、導入し、維持する。
 ウ サービスの品質を阻害する事象に対して、合意したサービス目標及び
   時間枠内に回復させる。
 エ 予算に照らして、費用を監視及び報告し、財務予測をレビューし、
   費用を管理する。



答えはこちら

平成28年度春期 基本情報技術者試験問題 問56

問56
ITサービスマネジメントにおけるインシデントの記録と問題の記録の関係についての
記述のうち、適切なものはどれか。

 ア インシデントの分類とは異なる基準で問題を分類して記録する。
 イ 問題の記録1件は、必ずインシデントの記録1件と関連付けられる。
 ウ 問題の記録には、問題の記録の発端となったインシデントの
   相互参照情報を合める。
 エ 問題の記録の終了の際に既知の誤りが特定されていれば、問題の記録の
   発端となったインシデントの記録を削除する。


答えはこちら

平成28年度春期 高度情報処理試験問題 問20

問20
ITサービスマネジメントのプロセスの一つである構成管理を導入することによって
得られるメリットはどれか。

 ア ITリソースに対する、現在の需要の把握と将来の需要の予測ができる。
 イ 緊急事態においても最低限のITサービス基盤を提供することによって、
   事業の継続が可能になる。
 ウ 構成品目の情報を正確に把握することによって、他のプロセスの確実な
   実施を支援できる。
 エ 適正な費用で常に一定した品質でのITサービスが提供されるようになる。



答えはこちら

平成28年度春期 高度情報処理試験問題 問19

問19
ITサービスマネジメントにおけるサービスレベル管理の説明はどれか。

 ア あらかじめ定めた間隔で、サービス目標に照らしてサービスの傾向及び
   パフォーマンスを監視する。
 イ 計画が発動された場合の可用性の目標、平常業務の状態に復帰する
   ための取組みなどを含めた計画を作成し、導入し、維持する。
 ウ サービスの品質を阻害する事象に対して、合意したサービス目標及び
   時間枠内に回復させる。
 エ 予算に照らして、費用を監視及び報告し、財務予測をレビューし、
   費用を管理する。



答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
TagCloud
Recent Comments
Recent TrackBacks