今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

IoT

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問72

問72

政府は、IoTを始めとする様々なICTが最大限に活用され、サイバー空間とフィジカル空間とが融合された“超スマート社会”の実現を推進してきた。必要なものやサービスが人々に過不足なく提供され、年齢や性別などの違いにかかわらず、誰もが快適に生活することができるとされる “超スマート社会” 実現への取組は何と呼ばれているか。

ア e-Gov

イ Society5.0

ウ Web2.0

エ ダイバーシティ社会




答えはこちら

令和2年度秋期 応用情報技術者試験問題 問71

問71

CPS (サイバーフィジカルシステム) を活用している事例はどれか。

ア 仮想化された標準的なシステム資源を用意しておき、業務内容に合わせてシステムの規模や構成をソフトウェアによって設定する。

イ 機器を販売するのではなく貸し出し、その機器に組み込まれたセンサで使用状況を検知し、その情報を元に利用者から利用料金を徴収する。

ウ 業務処理機能やデータ蓄積機能をサーバにもたせ、クライアント側はネットワトーク接続と最小限の入出力機能だけをもたせてデスクトップの仮想化を行う。

エ 現実世界の都市の構造や活動状況のデータによって仮想世界を構築し、災害の発生や時間軸を自由に操作して、現実世界では実現できないシミュレーションを行う。




答えはこちら

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問74

問74

車載機器の性能の向上にかかわる記述のうち、ディープラーニングを用いているものはどれか。

ア 車の壁への衝突を加速度センサが検知し、エアバッグを膨らませて搭乗者をけがから守った。

イ システムが大量の画像を取得し処理することによって、歩行者と車をより確実に見分けることができるようになった。

ウ 自動でアイドリングストップする装置を搭載することによって、運転経験が豊富な運転者が運転する場合よりも燃費を向上させた。

エ ナビゲーションシステムが、携帯電話回線を通してソフトウェアのアップデートを行い、地図を更新した。




答えはこちら

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問71

問71

工場の機器メンテナンス業務においてIoTを活用した場合の基本要素とデバイス・サービスの例を整理した。ア〜エが a〜d のいずれかに該当するとき、a に該当するものはどれか。

┌──────┬───────────┐
│ 基本要素 │デバイス・サービスの例│
├──────┼───────────┤
│データの収集│     a     │
├──────┼───────────┤
│データの伝送│     b     │
├──────┼───────────┤
│データの解析│     c     │
├──────┼───────────┤
│データの活用│     d     │
└──────┴───────────┘

ア 異常値判定ツール

イ 機器の温度センサ

ウ 工場内無線通信

エ 作業指示用ディスプレイ




答えはこちら

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問73

問73

生産現場における機械学習の活用事例として、適切なものはどれか。

ア 工場における不良品の発生原因をツリー状に分解して整理し、アナリストが統計的にその原因や解決策を探る。

イ 工場の生産設備を高速通信で接続し、ホストコンピュータがリアルタイムで制御できるようにする。

ウ 工場の生産ロボットに対して作業方法をプログラミングするのではなく、ロボット自らが学んで作業の効率を高める。

エ 累積生産量が倍増するたびに工場従業員の生産性が向上し、一定の比率で単位コストが減少する。




答えはこちら

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問62

問62

自社の経営課題である人手不足の解消などを目標とした業務革新を進めるために活用する、RPAの事例はどれか。

ア 業務システムなどのデータ入力、照合のような標準化された定型作業を、事務職員の代わりにソフトウェアで自動的に処理する。

イ 製造ラインで部品の組立てに従事していた作業員の代わりに組立作業用ロボットを配置する。

ウ 人が接客して販売を行っていた店舗を、ICタグ、画像解析のためのカメラ、電子決済システムによる無人店舗に置き換える。

エ フォークリフトなどを用いて人の操作で保管商品を搬入・搬出していたものをコンピュータ制御で無人化した自動倉庫システムに置き換える。




答えはこちら

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問71

問71

IoTの応用事例のうち、HEMSの説明はどれか。

ア 工場内の機械に取り付けたセンサで振動、温度、音などを常時計測し、収集したデータを基に機械の劣化状態を分析して、適切なタイミングで部品を交換する。

イ 自動車に取り付けたセンサで車両の状態、路面状況などのデータを計測し、ネットワークを介して保存し分析することによって、効率的な運転を支援する。

ウ 情報通信技術や環境技術を駆使して、街灯などの公共設備や交通システムをはじめとする都市基盤のエネルギーの可視化と消費の最適制御を行う。

エ 太陽光発電装置などのエネルギー機器、家電機器、センサ類などを家庭内通信ネットワークに接続して、エネルギーの可視化と消費の最適制御を行う。




答えはこちら

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問71

問71

IoT活用におけるディジタルツインの説明はどれか。

ア インターネットを介して遠隔地に設置した3Dプリンタへ設計データを送り、短時間に複製物を製作すること

イ システムを正副の二重に用意し、災害や故障時にシステムの稼働の継続を保証すること

ウ 自宅の家電機器とインターネットでつながり、稼働監視や操作を遠隔で行うことができるウェアラブルデバイスのこと

エ ディジタル空間に現実世界と同等な世界を、様々なセンサで収集したデータを用いて構築し、現実世界では実施できないようなシミュレーションを行うこと




答えはこちら

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問71

問71
IoTの構成要素に関する記述として、適切なものはどれか。

 ア アナログ式の機器を除く、ディジタル式の機器が対象となる。
 イ インターネット又は閉域網に接続できる全てのものが対象となる。
 ウ 自律的にデータを収集してデータ分析を行う機器だけが対象と
   なる。
 エ 人や生物を除く、形のある全てのものが対象となる。



答えはこちら

平成30年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 機檻隠

機檻隠
IoTアプリケーション向けの、広域・遠距離向けで、低速ながら消費電力が
小さく、低コストの無線通信技術の規格として最も適切なものはどれか。

  。味丕廝繊 ´◆。味圍邸 ´ NFC 
 ぁ。廝蕁檻藤蕁 ´ァ。擅蕋脾癸紕



答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments