今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

LRU

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問19

問19

仮想記憶管理におけるページ置換えアルゴリズムとしてLRU方式を採用する。主記憶のページ枠が、4000、5000、6000、7000番地 (いずれも16進数) の4ページ分で、プログラムが参照するページ番号の順が、1→2→3→4→2→5→3→1→6→5→4のとき、最後の参照ページ4は何番地にページインされているか。ここで、最初の1→2→3→4の参照で、それぞれのページは4000、5000、6000、7000番地にページインされるものとする。

ア 4000  イ 5000  ウ 6000  エ 7000




答えはこちら

平成30年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻隠

掘檻隠
ある計算機上のページングによる仮想記憶システムを考える。この計算機の
主記憶は4ページからなり、10ページ (P0〜P9) からなるプログラムを実行
しようとしているとする。次に示す順番でプログラムがページ参照を行うとき、
ページの追い出しにLRUアルゴリズムを用いた場合の主記憶の最終状態と、
ページの追い出しにFIFOアルゴリズムを用いた場合の主記憶の最終状態の
組合せとして、最も適切なものはどれか。ただし、プログラム実行直前の初期
状態では、主記憶がすべて空き状態であり、また、各ページの割当ては、図中
上から順に行われていくものとする。

 ページ参照順 
  P0, P1, P2, P3, P1, P4, P5, P4, P6, P7, P6, P4, P8, P7, P9

  LRU  FIFO  ◆LRU  FIFO   LRU  FIFO
   ┌─┐ ┌─┐   ┌─┐ ┌─┐   ┌─┐ ┌─┐
   │P4│ │P4│   │P4│ │P8│   │P4│ │P8│
   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤
   │P7│ │P7│   │P7│ │P9│   │P8│ │P9│
   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤
   │P8│ │P8│   │P8│ │P6│   │P7│ │P6│
   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤
   │P9│ │P9│   │P9│ │P7│   │P9│ │P7│
   └─┘ └─┘   └─┘ └─┘   └─┘ └─┘

 ぁLRU  FIFO  ァLRU  FIFO
   ┌─┐ ┌─┐   ┌─┐ ┌─┐
   │P8│ │P4│   │P8│ │P8│
   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤
   │P9│ │P7│   │P9│ │P9│
   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤
   │P6│ │P8│   │P6│ │P6│
   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤
   │P7│ │P9│   │P7│ │P7│
   └─┘ └─┘   └─┘ └─┘



答えはこちら

平成30年度春期 応用情報技術者試験問題 問8

問8
再帰的な処理を実現するためには、再帰的に呼び
出したときのレジスタ及びメモリの内容を保存しておく
必要がある。そのための記憶管理方式はどれか。

 ア FIFO
 イ LFU
 ウ LIFO
 エ LRU



答えはこちら

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問16

問16
4ブロックのキャッシュメモリC0〜C3が表に示す状態である。ここで、
新たに別のブロックの内容をキャッシュメモリにロードする必要が生じたとき、
C2のブロックを置換の対象とするアルゴリズムはどれか。

┌─────┬─────┬──────┬────┐
│キャッシュ│ロード時刻│最終参照時刻│参照回数│
│ メモリ │(分:秒)│ (分:秒) │    │
├─────┼─────┼──────┼────┤
│  C0  │ 0:00 │ 0:08 │ 10 │
├─────┼─────┼──────┼────┤
│  C1  │ 0:03 │ 0:06 │  1 │
├─────┼─────┼──────┼────┤
│  C2  │ 0:04 │ 0:05 │  3 │
├─────┼─────┼──────┼────┤
│  C3  │ 0:05 │ 0:10 │  5 │
└─────┴─────┴──────┴────┘

 ア FIFO  イ LFU  ウ LIFO  エ LRU




答えはこちら

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問19

問19
LRUアルゴリズムで、ページ置換えの判断基準に用いられる項目はどれか。

 ア 最後に参照した時刻
 イ 最初に参照した時刻
 ウ 単位時間当たりの参照頻度
 エ 累積の参照回数


答えはこちら

平成28年度秋期 応用情報技術者試験問題 問18

問18
プログラムで使用可能な実メモリ枠が3ページである仮想記憶システムに
おいて、大きさ6ページのプログラムが実行されたとき、ページフォールトは
何回発生するか。ここで、プログラム実行時のページ読込み順序は、
0, 1, 2, 3, 4, 0, 2, 4, 3, 1, 4, 5 とする。ページング方式は、LRU
(Least Recently Used)とし、初期状態では、実メモリにはいずれの
ページも読み込まれていないものとする。

 ア 9   イ 10   ウ 11   エ 12




答えはこちら

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問18

問18
仮想記憶方式に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア LRUアルゴリズムは、使用後の経過時間が最長のページを
   置換対象とするページ置換アルゴリズムである。
 イ アドレス変換をインデックス方式で行う場合は、主記憶に存在する
   全ページ分のページテーブルが必要になる。
 ウ ページフォールトが発生した場合は、ガーベジコレクションが必要である。
 エ ページングが繰り返されるうちに多数の小さな空きメモリ領域が
   発生することを、フラグメンテーションという。



答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
TagCloud
Recent Comments
Recent TrackBacks