今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

PMBOK

令和3年度秋期 応用情報技術者試験問題 問51

問51

PMBOKガイド第6版によれば、プロジェクトの各フェーズが終了した時点で実施する“フェーズ・ゲート”の目的として、適切なものはどれか。

ア 現在のプロジェクトのパフォーマンスを測定し、ベースラインと比較してプロジェクトの状況を把握する。

イ 第三者がプロジェクトの成果物をレビューすることによって、設計の不具合の有無を確認する。

ウ プロジェクトの全体リスク及び特定された個別リスクについて、リスク対応策の有効性を評価する。

エ プロジェクトのパフォーマンスや進捗状況を評価して、プロジェクトの継続や中止を判断する。




答えはこちら

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問54

問54

PMBOKガイド第6版によれば、リスクにはマイナスの影響を及ぼすリスク (脅威) とプラスの影響を及ぼすリスク (好機) がある。プラスの影響を及ぼすリスクに対する“強化”の戦略はどれか。

ア いかなる積極的行動も取らないが、好機が実現したときにそのベネフィットを享受する。

イ 好機が確実に起こり、発生確率が100%にまで高まると保証することによって、特別の好機に関連するベネフィットを捉えようとする。

ウ 好機のオーナーシップを第三者に移転して、好機が発生した場合にそれがベネフィットの一部を共有できるようにする。

エ 好機の発生確率や影響度、又はその両者を増大させる。




答えはこちら

令和2年度秋期 応用情報技術者試験問題 問51

問51

PMBOKガイド第6版によれば、プロジェクト・スコープ記述書に記述する項目はどれか。

ア WBS

イ コスト見積額

ウ ステークホルダー分類

エ プロジェクトからの除外事項




答えはこちら

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問51

問51

PMBOKガイド第6版によれば、プロジェクト・マネジャー、プログラム・マネジャー、ポートフォリオ・マネジャー、プロジェクトマネジメント・オフィス (PMO) は、それぞれ他と異なる役割を担っている。それぞれに対応した役割の説明のうち、PMOのものはどれか。

ア 戦略目標に整合させるよう、関連する複数のプロジェクトに影響する制約条件及びコンフリクトを解消する。

イ 戦略目標を達成するために、プログラム及びプロジェクトの最適な組合せを選択して、構成要素の優先順位を決定し、必要な資源を提供する。

ウ プロジェクトに関連するガバナンス・プロセスを標準化し、資源、方法論、ツール及び技法の共有を促進する。

エ プロジェクトの要求事項を満たすために、知識、スキル、ツールと技法をプロジェクトのアクティビティへ適用する。




答えはこちら

平成30年度春期 応用情報技術者試験問題 問52

問52
PMBOKガイド第5版によれば、プロジェクトのコスト
見積り技法の説明のうち、パラメトリック見積りの説明は
どれか。

 ア WBSの下位レベルの構成要素単位の見積り結果
   を集計して、プロジェクトのコストを見積もる。
 イ 関連する過去のデータとその他の変数との統計的
   関係を用いて、プロジェクトにおける作業のコストを
   見積もる。
 ウ 楽観値、悲観値、最可能値を使って、個々の
   アクティビティのコストを見積もる。
 エ 類似のプロジェクトにおける過去のコスト実績を使って、
   プロジェクトのコストを見積もる。



答えはこちら

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問53

問53
PMBOKガイド第5版によれば、定量的リスク分析で実施することは
どれか。

 ア 特定したリスクがプロジェクト目標全体に与える影響を数量的に
   分析する。
 イ 特手したリスクの発生確率や影響度を評価してリスクに優先
   順位をつける。
 ウ 特定したリスクへの対応計画を策定する。
 エ プロジェクトに影響を与える可能性があるリスクを洗い出す。



答えはこちら

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問65

問65
BABOKの説明はどれか。
 ア ソフトウェア品質の基本概念、ソフトウェア品質マネジメント、ソフトウェア
   品質技術の三つのカテゴリから成る知識体系
 イ ソフトウェア要求、ソフトウェア設計、ソフトウェア構築、ソフトウェア
   テスティング、ソフトウェア保守など10の知識エリアから成る知識体系
 ウ ビジネスアナリシスの計画とモニタリング、引き出し、要求アナリシス、
   基礎コンピテンシなど七つの知識エリアから成る知識体系
 エ プロジェクトマネジメントに関するスコープ、タイム、コスト、品質、
   人的資源、コミュニケーション、リスクなど九つの知識エリアから成る知識体系



答えはこちら

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 掘檻横

掘檻横
プロジェクトマネジメント知識体系 (PMBOK) ガイド (第5版) におけるプロジェクト
マネジメントの知識エリアについて、各知識エリアのプロセス及び活動の一部の
説明に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  .廛蹈献Дト・コスト・マネジメントは、プロジェクトを承認済の予算内で完了する
   ための、計画、見積り、予算化、資金調達と財源確保、コントロールを含む。
 ◆.廛蹈献Дト・コミュニケーション・マネジメントは、プロジェクト情報の計画、収集、
   生成、配布、保管、検索、プロジェクトチームの育成とマネジメントを含む。
  プロジェクト・スコープ・マネジメントは、ステークホルダーのニーズや要求事項収集、
   スコープ定義、WBS作成、スコープ妥当性確認、スコープ・コントロールを含む。
 ぁ.廛蹈献Дト統合マネジメントは、プロジェクトの憲章の作成、計画書の作成、
   プロジェクトの実行コントロール、要求事項を満たすために不可欠な、統一、
   集約、コミュニケーション、統合的な処置、作業の監視とコントロール、
   変更要求管理を含む。
 ァ.廛蹈献Дト・リスク・マネジメントは、プロジェクトに関するリスクのマネジメントの
   計画、リスク特定、定性的リスク分析、定量的リスク分析、目標に対するマイナス
   事象の対応、コントロールを含む。



答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments