今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

SCM

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問72

問72

PDM (ProductDataManagement) の目的はどれか。

ア NC工作機械、自動搬送装置、倉庫などを有機的に結合し、コンピュータで集中管理することによって、多品種少量生産に対応できる生産の自動化を実現する。

イ 図面・部品構成データ、仕様書データなどの設計及び開発の段階で発生する情報を一元管理することによって、設計業務及び開発業務の効率を向上させる。

ウ 製品の生産計画に基づいてその生産に必要な資材の所要量を展開し、これを基準にして資材の需要とその発注時期を算出する。

エ 部品の供給から製品の販売までの一連のプロセスの情報をリアルタイムで交換することによって、在庫の削減とリードタイムの短縮を実現する。




答えはこちら

平成30年度秋期 応用情報技術者試験問題 問67

問67
SCMの目的はどれか。

 ア 顧客情報や購買履歴、クレームなどを一元管理し、きめ細かな顧客
   対応を行うことによって、良好な顧客関係の構築を目的とする。
 イ 顧客情報や商談スケジュール、進捗状況などの商談状況を一元管理
   することによって、営業活動の効率向上を目的とする。
 ウ 生産、販売、在庫管理、財務会計、人事管理など基幹業務のあらゆる
   情報を統合管理することによって、経営効率の向上を目的とする。
 エ 複数の企業や組織にまたがる調達から販売までの業務プロセス全ての
   情報を統合的に管理することによって、コスト低減や納期短縮などを目的
   とする。



答えはこちら

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問73

問73
3PL (3rd Party Logistics) を説明したものはどれか。

 ア 購買、生産、販売及び物流の一連の業務を、
   企業間で全体最適の視点から見直し、納期
   短縮や在庫削減を図る。
 イ 資材の調達から生産、保管、販売に至るまでの物流
   全体を、費用対効果が最適になるように総合的に
   管理し、合理化する。
 ウ 電子・電機メーカから、製品の設計や資材調達、
   生産、物流、修理などを一括して受託する。
 エ 物流業務に加え、流通加工なども含めたアウト
   ソーシングサービスを行い、また荷主企業の物流企画も
   代行する。



答えはこちら

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問68

問68
CRMを説明したものはどれか。

 ア 卸売業者・メーカが、小売店の経営活動を支援
   してその売上と利益を伸ばすことによって、
   自社との取引拡大につなげる方法である。
 イ 企業全体の経営資源を有効かつ総合的に計画
   して管理し、経営の高効率化を図るための手法
   である。
 ウ 企業内の全ての顧客チャネルで情報を共有し、
   サービスのレベルを引き上げて顧客満足度を
   高め、顧客ロイヤリティの最大化に結び付ける
   考え方である。
 エ 生産、在庫、購買、販売、物流などの全ての
   情報をリアルタイムに交換することによって、
   サプライチェーン全体の効率を大幅に向上させ
   る経営手法である。



答えはこちら

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問67

問67
SCMの目的はどれか。

 ア 顧客情報や購買履歴、クレームなどを一元管理し、きめ
   細かな顧客対応を行うことによって、良好な顧客関係の
   構築を目的とする。
 イ 顧客情報や商談スケジュール、進捗状況などの商談状況を
   一元管理することによって、営業活動の効率向上を目的とする。
 ウ 生産や販売、在庫、会計など基幹業務のあらゆる情報を
   統合管理することによって、経営効率の向上を目的とする。
 エ 複数の企業や組織にまたがる調達から販売までの業務
   プロセス全ての情報を統合的に管理することによって、
   コスト低減や納期短縮などを目的とする。



答えはこちら

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問69

問69
CRMの目的はどれか。

 ア 顧客ロイヤリティの獲得と顧客生涯価値の最大化
 イ 在庫不足による販売機会損失の削減
 ウ 製造に必要な資材の発注量と発注時期の決定
 エ 販売時点での商品ごとの販売情報の把握



答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
TagCloud
Recent Comments
Recent TrackBacks