今日の気づき 〜はひふへほ〜

今日気づいたことを、軽いタッチで、コミカルに表現してみました。 パソコンやITに関することも時々書いています。           

SWOT分析

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問68

問68

アンゾフの成長マトリクスを説明したものはどれか。

ア 外部環境と内部環境の観点から、強み、弱み、機会、脅威という四つの要因について情報を整理し、企業を取り巻く環境を分析する手法である。

イ 企業のビジョンと戦略を実現するために、財務、顧客、内部ビジネスプロセス、学習と成長という四つの視点から事業活動を検討し、アクションプランまで具体化していくマネジメント手法である。

ウ 事業戦略を、市場浸透、市場拡大、製品開発、多角化という四つのタイプに分類し、事業の方向性を検討する際に用いる手法である。

エ 製品ライフサイクルを、導入期、成長期、成熟期、衰退期という四つの段階に分類し、企業にとって最適な戦略を立案する手法である。




答えはこちら

令和3年度秋期 応用情報技術者試験問題 問67

問67

バリューチェーンの説明はどれか。

ア 企業活動を、五つの主活動と四つの支援活動に区分し、企業の競争優位の源泉を分析するフレームワーク

イ 企業の内部環境と外部環境を分析し、自社の強みと弱み、自社を取り巻く機会と脅威を整理し明確にする手法

ウ 財務、顧客、内部ビジネスプロセス、学習と成長の四つの視点から企業を分析し、戦略マップを策定するフレームワーク

エ 商品やサービスを、誰に、何を、どのように提供するかを分析し、事業領域を明確にする手法




答えはこちら

平成27年度秋期 基本情報技術者試験問題 問68

問68

経営戦略策定に用いられるSWOT分析はどれか。

ア 競争環境における機会・脅威と強み・弱みを分析する。

イ 競争に影響する要因と、他社の動き、自社の動きを分析する。

ウ 市場に対するマーケティングツールの最適な組合せを分析する。

エ 市場の成長性と占有率の観点から各事業の位置付けを分析する。




答えはこちら

令和2年度秋期 応用情報技術者試験問題 問67

問67

企業の事業活動を機能ごとに主活動と支援活動に分け、企業が顧客に提供する製品やサービスの利益が、どの活動で生み出されているかを分析する手法はどれか。

ア 3C分析

イ SWOT分析

ウ バリューチェーン分析

エ ファイブフォース分析




答えはこちら

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問67

問67

SWOT分析において、一般に脅威として位置づけられるものはどれか。

ア 競合他社に比べて高い生産効率

イ 事業ドメインの高い成長率

ウ 市場への強力な企業の参入

エ 低いマーケットシェア




答えはこちら

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問55

問55

サービスマネジメントのプロセス改善におけるベンチマーキングはどれか。

ア ITサービスのパフォーマンスを財務、顧客、内部プロセス、学習と成長の観点から測定し、戦略的な活動をサポートする。

イ 業界内外の優れた業務方法 (ベストプラクティス) と比較して、サービス品質及びパフォーマンスのレベルを評価する。

ウ サービスのレベルで可用性、信頼性、パフォーマンスを測定し、顧客に報告する。

エ 強み、弱み、機会、脅威の観点からITサービスマネジメントの現状を分析する。




答えはこちら

平成28年度秋期 応用情報技術者試験問題 問68

問68
アンゾフが提唱する成長マトリクスを説明したものはどれか。
 ア 自社の強みと弱み、市場における機会と脅威を、分類ごとに列挙して、
   事業戦略における企業の環境分析を行う。
 イ 製品と市場の視点から、事業拡大の方向性を市場浸透・製品開発・
   市場開拓・多角化に分けて、戦略を検討する。
 ウ 製品の市場占有率と市場成長率から、企業がそれぞれの事業に対する
   経営資源の最適配分を意思決定する。
 エ 製品の導入期・成長期・成熟期・衰退期の各段階に応じて、
   製品の改良、新品種の追加、製品廃棄などを計画する。



答えはこちら
ファーストマクロのHP
楽天市場
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments